【100切りを目指す人へ】1~1.5メートルのパットを確実に仕留めていますか?

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

ドライバーやアイアンは暴れまくってもパットだけは安定している最近の私。

以前は3パット連発だったのに、いったい何が良くなったのかというと……。

それは1~1.5メートルのパットの精度が上がったことなのです!

3パット連発の頃は……

3パット連発の頃は……

getty

今でこそパットでスコアを作っている私ですが、数年前までは物すごいショートパット恐怖症に陥っていた時期がありました。

1メートルはおろか、50センチくらいのパットですら外しまくっての3パット連発……。

一番ひどかった時は、アプローチでカップから30センチに寄せた“お先に”のパットを外してしまう始末(しかもショ、ショートです……)。

ここまでくるとかなりの重症で、ショートパットがまるで入らないので、ファーストパットをカップから30センチ以内のジャストタッチでと、狙えば狙うほどカップに寄らない。

そうすると1~3メートルのパットをことごとく外して3パットの繰り返し、という悪循環です……。

とにかく1~1.5メートルのパット練習に明け暮れた!

とにかく1~1.5メートルのパット練習に明け暮れた!

getty

これはまずい! と、危機感を覚えた私が取り組んだのは、とにかく1~1.5メートルのパットの精度を上げることでした。

なので、とにかくラウンド前でも日頃通っている練習場でも1~1.5メートルのパット練習ばかりやっていましたね。

最初は上手くいきませんでしたが、続けるうちに2つの転機がありました。

1つは、パターヘッドを少し浮かせてストロークすることで、ボールの赤道付近をヒットさせること。

もう1つは気分転換を兼ねて、長年使っていたパター(オデッセイ#9)を、重量のあるネオマレットタイプに思い切って変えたことです。

この2つの取り組みが功を奏したのか、ある時から1メートルくらいのパットが劇的にカップインするようになりました。

1メートルが入るようになって気が楽になったのか、1.5メートルくらいのパットの精度も上がりましたし、2~3メートルくらいのパットもカップインすることが増えていきました。

2パット目の残り距離で一番多いのは……

2パット目の残り距離で一番多いのは……

getty

おかげさまで今はパットが苦にならなくなりましたが、これはファーストパットの精度が上がったわけでなく、1~1.5メートルのパットが飛躍的にカップインし出したからに他なりません。

パットが苦手だという皆さん、次のラウンドの時に2パット目の残り距離をスコアカードにメモしておいて、ラウンド後にチェックしてみてください。

おそらくですが、2打目の残り距離は、ほぼ1~1.5メートル(長くても2メートル前後)くらいに集中している、という人がかなり多いはずです。

3パットを減らしたりスコア100切りを目指すのであれば、2パット目で残ることの多い1~1.5メートルのパットを確実に仕留めることを優先すべきだと思います!

パットでお悩みの方は、だまされたと思って1~1.5メートルのパット練習に力を入れてみてはいかがでしょうか。

というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019