90の壁を破るには「ボギーオン」がポイント!

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

スコアが100を切れて、90台が頻繁に出るようになってきたのになかなか90が切れない! というゴルファーって多いんじゃないですかね。

そんな方はボギーオンでまとめるゴルフを目指してみてください。

パーオンじゃダメなの? なんて声が聞こえてきそうですが、なぜボギーオンなのか、ちょっと見ていきましょう。

「パーオン」だけが正義じゃありませんよ

「パーオン」だけが正義じゃありませんよ

getty

なんとなくスコアが100前後の人でも常にパーオンを目指しているような雰囲気ではないでしょうか。

プロのように狙った距離をきっちりと打てる確率が高いのならばともかく、アマチュアゴルファーではそういうわけにはいきません。

なのにパーオンを狙うと、ティーショット、セカンドショットでそれぞれ100点に近いショットが求められるんです。

すると飛距離もそれなりに出さなければなりません。

力んでしまってミスショットを繰り返すより、ちょっと力を抜いて「大体これくらいなら大丈夫」というショットを重ねていくほうが、ミスショットが大幅に少なくなります。

その結果、距離が少し足りなくてボギーオン。それでいいじゃないですか。

90を切るためにやっちゃいけないミスショット

90を切るためにやっちゃいけないミスショット

getty

多少のミスが出てもボギーオンなら狙っていくことはできるんですが、中にはやっちゃいけないミスショットというものも。

それはOBや池。ボギーオンのペースが崩れてしまうからです。

100が切れなかったり90台前後で回るゴルファーは、必ずどこかで大きく崩れるホールがあるはずです。

そのきっかけってティーショットをOBにしたり、池に入れてしまったりするケースがほとんどでしょう。

ミスショットを出すにしても、ミスをしていい方向、してはいけない方向を打つ前に確認、そしてそこを避けるように1つ1つショットを重ねていくことです。

全部ボギーオン+2パットならスコアは90

全部ボギーオン+2パットならスコアは90

getty

考えなくてもわかることなんですが、すべてのホールでボギーオンして2パットならばスコアは90。

1つのホールだけでも1パットで沈めれば、それだけで90切りは達成します。

パーオンを狙っていくとどこかで厳しいところを狙わなければならない場面も出てきますが、ボギーオン狙いなら安全策を取って組み立てができることに気付くはずです。

縦のミスも、横のミスも許されないような緊張するショットは、いつしか緊張の糸が切れて大叩きに。

少々アバウトに狙っても大丈夫、という気持ちの余裕を持ってラウンドできるのがボギーオン狙いのいいところなんです。

グリーンに乗せなくてもグリーン周りでOK!

グリーンに乗せなくてもグリーン周りでOK!

getty

ピンをデッドに狙っていくゴルフもいいんですが、まずスコアを80台でまとめたいのならば、一か八かのショットは極力避けて通るべきなんですね。

自分が打ちやすいところにアバウトに狙っていく。これだけで結果はちゃんとついてきますよ。

「どうしてもパーオンしなきゃ……」と心のどこかで考えているからこそ、力みが出たり、フェース管理が雑になったりしてしまうものです。

パーオンしなくてもグリーンに周りに残ればOK。アプローチでピンに絡めていけばいいんですからね。

90切りの壁に悩んでいる方、次回のラウンドではボギーオンにこだわってラウンドしてみませんか?

今まで見えていなかったマネジメントのヒントが見つかるかもしれませんよ。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516