ラフにボールが沈んでいるときは、打ち込まずにゆっくり振り抜く

お気に入り

ラフにボールが沈んでいるときは、払うような打ち方をするとトップするので、ダウンブローに打ち込まなければいけないとよく言われます。

しかし、打ち込もうとするとダフってしまうアマチュアゴルファーって実に多いですよね。

ボールが浮いているときよりもゆっくり振り下ろす

ボールが浮いているときよりもゆっくり振り下ろす

getty

ボールが沈んでいても、別に力を入れる必要はありません。

右手で強く打ち込もうとすると、クラブヘッドが早く戻るのでかえってダフリやすく、下が硬いときに力を入れるとクラブヘッドが入っていかずに跳ね返されてトップすることもあります。

ダウンスイングは左肩で戻し、左手でゆっくり下ろし、振り抜くときに右手を使うようにします。

ボールが沈んでいるときは、クラブヘッドの重みを生かさないといけないので、ボールが浮いているときよりゆっくり振り下ろすようにしたほうがいいのです。

首を少し左に傾けて左肩を低くする

首を少し左に傾けて左肩を低くする

getty

ターフが厚めに取れて、いかにも強く打ち込んでいるように見えるのは、クラブヘッドの重さを生かしているからなのです。

ボールが沈んでいるときは、初めから左に体重をかけてボールを横からではなく上から見て構えます。

ボールを上げようとすると、首を右に傾けて右肩を下げたくなるので、首は少し左に傾けて左肩を低くするくらいのほうがいいです。

そうすれば、バックスイングが真っすぐ上がるので、打ち込もうとしなくても、自然にターフは取れるのです。

左手で引き下ろし、右手で振り抜く

左手で引き下ろし、右手で振り抜く

getty

左手で振り下ろしてきて、ヒールを少し出すようにしてボールをとらえたら、右手でクラブヘッドを出してやります。

左手だけで振ると、ボールは上がらず低く出ていくので、左手で引き下ろしてきて、右手で振り抜くようにすると、ダフらずにボールも上がります。

確かに左手だけで振ると、トップしたりボールが右に出てしまったりします。

強く打とうとしないで、左手でゆっくり振り下ろしてから右手を使うようにしたら、ボールのライが悪くてもあまりダフらなくなるはずです。

ラフが深いときこそ、ゆっくり振り抜くことを忘れないでください。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416
日本シャフトGOSTバナー

カートに追加されました。