プロのようにキュキュっとスピンの効いたバンカーショットに挑戦してみよう!

お気に入り
バンカーに入れてしまった時にガッカリしていませんか?

みんなガッカリしてしまうのですが、その結果、さらなるミスショットを生んでしまいます。

そうならないためにもバンカーショットを得意なものに変えていきたいものです。

そこで覚えたいことが、スピンを掛ける打ち方です。

しっかりと身につけてバンカーも楽しんでしまいましょう♪

スピンを掛ける仕組みを理解しておこう!

そもそもどうやってスピンを掛けることができるのか、その仕組みを知っておきましょう。

バンカーショットでスピンが掛かるのは、ボールとフェースの間の砂が重要となってきます。

この砂との摩擦によってよりスピンを掛けることができるのです。そのためより強いスピンを掛けるには、砂を長く薄くすることが必要となってきます。

ボールとフェースがしっかりとかみ合っていれば自ずと強いスピンが掛かるようになるでしょう。

では、より細かくスピンを掛ける方法を紹介していきましょう。

フェースを開いて体のラインはオープンにする!

スピンを掛けるためにまず大切なことは、フェースをいつも以上に開くということです。

そうすることでより高い球を打つことが可能になります。

そうしながらもスタンスはオープンにしておきましょう。なぜなら、このスタンスのラインに沿って振り抜くことが大切なのです。

力を入れて振り抜いているようでは、バンカーショットはいくら打っても上達しません。

リラックスしながら、ヘッドを加速させるように振り抜いてください。

フェースオープン、スタンスもオープン。まずはこの2点、しっかりと意識するようしましょう。

ボールはいつもより前に、ヘッドの加速はしっかりと!

スピンを掛けるための形ができたら、いつもと違うポイントを押さえておきましょう。

通常のアプローチよりもボールは前(左)にポジションすることが、バンカーショットの基本です。

そしてフェースを開いているため、バウンスがより出っ張り、砂の跳ね返りが増えてしまいます。そのため十分に加速をつけて打たなければなりません。

砂を切って打つという感覚をここで身につけることができれば、自然とバックスピンの掛かったバンカーショットが打てるようになるでしょう。

フェースを返さない打ち方を身につけよう!

フェースを返さない打ち方を身につけよう!

getty

バックスピンを掛ける打ち方として、最終的にはフェースを返さないということを徹底しなければなりません。

トップの写真の次のシーンが上の写真なのですが、この2枚を見て、フェースを返さないイメージをつかんでください。

打った瞬間、上を向いているイメージになります。先ほども述べたように、フェースとボールとの間が薄くなればなるほど、より強いバックスピンが掛かるのです。

バンカーショットを打った後に、砂のラインがほぼスタンスと平行になっていれば成功に近いショットが打てているはずでしょう。


バンカーショットは難しいように見えて、マスターすればすんなりとボールを扱えるようになります。

初心者の時はなかなかバンカーにまで意識がいかないかもしれません。

しかしながら初心者だからこそ、バンカーにお世話になることも多いのです。

スピンを掛けるショットを身につけてバンカーも楽しめるようになりたいですね♪
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。