パッティングが苦手な方へ。もっと“感性”を生かして!でもどうやって?

お気に入り
Golf Dojo KATOU パーシモン加藤です。

パッティングが苦手……という方、よくご相談を受けます。

皆さんの話を聞くと、共通点がありました。

どう打てばいいんですか? と、打ち方を聞いてきます。

そこに問題が……。

パッティングの理想的な打ち方とは

パッティングの理想的な打ち方とは

getty

多くのゴルファーは、パットの技術向上のために打ち方を考えます。

そして、その打ち方の多くは
・手首を使わない
・腕を三角形または五角形にして構える
・フォローをしっかり出す
・真っすぐ引いて真っすぐ出す
etc

いろいろ考えていますよね。

なぜ、このようなことを注意するのか? 入れる、またはパット数を減らすためですよね?

上に書き出した注意事項……、これって、距離感が出るイメージあります?

なんかカチカチになって、感性も何もない感じしませんか( ̄◇ ̄;)

私が思う理想の打ち方は、狙った方向にイメージしたスピードでボールを打ち出せる打ち方と考えています。

なので一番重要なことは、ヘッドを動かしやすい状態にしておくことかと。

ショットもパットもヘッドを感じて!!

ショットもパットもヘッドを感じて!!

getty

ショットもパットも、ヘッドの存在が重要です!

手首でも肩の動きでもなく、ヘッド! ヘッドをどのぐらいのスピードで振るか。フェースをボールにどう当てるか。

その結果、手首が動いたっていいんです!

人それぞれ感性の出し方は違います。

パチン! と打ったほうが距離感が出せる、ボールを押し出すようにフォローを出したほうが距離感が出せる、どちらも、間違いではないのです。

パッティングは、十人十色!!

プロもいろいろな握り、打ち方をしてるでしょ(^_-)

片山晋呉プロのように、いろいろな打ち方を試して自分の感性を出しやすい打ち方を探しましょ!

感性は磨けます!

感性は磨けます!

getty

感性なんて……と、必ず言う方がいます( ; ; )

しかし日常生活の中で、ありとあらゆる場面で感性が生かされています!

例えば車の運転。カーブの手前で減速しますよね。まさにあれがパットなんです!

カーブを無理なく曲がるために減速する

これは下りのパット

上りの坂道、坂を登るためにアクセルを踏みます

上りのパット

この感性をゴルフでも存分に使いましょうよ!

何ヤードは何センチ引いて……なんてやっていても、いつまで経っても入るようになりません( ; ; )

車の運転なんて、カーブは何メートル手前で減速とか考えていたら運転できないでしょ(;o;)

それと同じことですよ!

パットにお悩みの皆さん!!

今までご法度と決めていたことを、解禁してみてください!

その中に、必ずいいヒントが隠れてますから(^_−)−☆
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516