飛距離を出したい!安定したショットを打ちたい!かんたんにできる肩甲骨トレーニングとは?

お気に入り
ゴルフのスイング安定や飛距離アップには、様々なトレーニング方法がありますが、肩甲骨を柔らかくするトレーニングもその内のひとつです。

肩甲骨のトレーニングは比較的簡単に行えるので、これまで色々なトレーニングをしてきたけど長続きしなかったという方は、是非この記事を最後まで読んでみてください。

そもそも肩甲骨ってどこの骨?

そもそも肩甲骨ってどこの骨?

getty

肩甲骨とは、肩の後ろ部分の大きな骨で、鎖骨、腕の骨と繋がっています。

腕を動かす時は、肩甲骨も大きく動く事になるので、腕の動きにとってとても重要な役割を担っています。

この肩甲骨の動きを柔軟にする事で、スイング時に肩が開かなくなり、ミスを防ぐことができます。

スイング時は肩の回転ではなく、上下に動かすことが必要となります。

肩を上下に動かすためには、肩甲骨を前後に可動させることが求められます。

肩甲骨のトレーニング前の準備体操

肩甲骨のトレーニング前の準備体操

getty

肩甲骨を急に激しく動かしてしまうと、痛めてしまう恐れがあります。

トレーニングする前には、必ず準備体操を行いましょう。

準備体操にはいくつか方法がありますが、ここでは最も簡単でシンプルな方法を紹介します。

まずは壁に両手をピタッと当てて立ちます。

その状態で、肘を曲げないように、身体と壁の距離を近づけたり離したりします。

動作はこれだけです。壁に近づいたり遠ざけたりする際に、肩甲骨が動くのを実感できればOKです。

この動作を何回か繰り返してみてください。

肩甲骨のストレッチ方法

肩甲骨のストレッチ方法

getty

肩甲骨を柔らかくするにはストレッチから始めましょう。

まずは、椅子に座って姿勢を正します。

両手を上に上げてバンザイしてください。バンザイしたら手の平を身体の外側に向けます。

その状態を保ったまま肘をまげていき顔の高さまで下ろします。

すると肩甲骨が動くのを実感できるはずです。

ストレッチトレーニングの動作はこれだけです。

コレを1セットとして1日5セット行いましょう。

オフィスでも出来るので、休憩時間などを利用して行ってみてください。

意外と難しい!背中で握手するトレーニング

意外と難しい!背中で握手するトレーニング

getty

次は背中の後ろに手を回して、両手で握手をするというトレーニングです。左手は上から、右手は下から手を回して両手が触れればOKです。

ガッチリと握手ができれば二重丸です!これと同様の動きを反対側の手でも行ってみましょう。

無理に伸ばすと身体を痛めてしまうので、これ以上は無理かも、と思ったらそこでストップしてください。

このトレーニングを毎日続ける事によって肩甲骨が次第に柔らかくなります。
肩甲骨の可動域が広くなるとスイングの安定、飛距離アップにもつながるはずですよ!
お気に入り
Z-STAR 210203-210303

TOPページへ >

TOPページへ >

Z-STAR 210203-210303