アプローチは金槌で釘を打つ要領で、手を動かさずにヘッドを動かす

getty

ゴルフスイング

アプローチは金槌で釘を打つ要領で、手を動かさずにヘッドを動かす

0

アプローチショットのミスは、ボールを上げようとして手首をコネて、インパクトで右手首が伸びるからだとよく言われます。

それで右手首が伸びないように、グリップエンドをボールより少し前(左)に出してインパクトしようとする人が多いようですが、それでもダフリはなかなか直りません。

真っすぐ上げて、クラブヘッドを落としてやる

グリップエンドを構えた位置に固定しておいて、手を横に動かそうとしないで、真っすぐクラブヘッドを落とせばいいのです。

右手首をインパクトで曲げておこうなどと思わず、手の動きは考えないで、クラブヘッドを上げて下ろすだけと、シンプルにスイングすることです。

手首をコネてダフったりトップしたりするのは、クラブヘッドを低く内側に引いて、それで目標方向へ手を出してやるためであるから、インに引かないで真っすぐ上に上げてやるのです。

クラブヘッドを真っすぐ上げ、ボールに向かって上から落としてやれば、構えた位置で打てるので、ダフリもトップもしなくなります。

クラブヘッドの重みに任せる

これは金槌を上げ下ろしする動作とまったく同じ要領です。

アプローチショットでは、手首を使わずに両腕の三角形をキープしようなどと思わないで、テークバックと同時に飛球線に沿ってクラブヘッドを真っすぐ上げるのです。

自分で打とうとしないで、クラブヘッドの重みに任せて打つ感覚を持つといいでしょう。

アプローチはクラブヘッドを上げてクラブヘッドを落としてやれば、惰性で振り抜けるのです。

左わきを体につけておけば、外に上がらない

とは言うものの、クラブヘッドの重みを生かすとかクラブヘッドを落とすという感覚がなかなか分からないという人も多いでしょう。

それは、手を横に動かしてクラブを内側に引いてしまうから、ヘッドの重みも感じず、ヘッドを落とすイメージも湧かないのです。

金槌で釘を打つときのような要領で、クラブヘッドを目標線上に真っすぐ上げてやります。

左わきさえ体につけておけばクラブは外に上がることはありません。

それで初めてクラブヘッドの重みを生かして落としてやれるのです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アプローチは金槌で釘を打つ要領で、手を動かさずにヘッドを動かす

カートに追加されました。


×