アイアンは振り過ぎると逆に飛ばない。左肩を開かないで飛距離アップ!

getty

アイアンは振り過ぎると逆に飛ばない。左肩を開かないで飛距離アップ!

お気に入り

アベレージクラスで、アイアンショットでボールがつかまらないという人は、振り過ぎが原因であることが多いようです。

ドライバーショットのように大きく振ろうとして、左肩が開いてしまっているのです。

だからクラブフェースを閉じ気味に構えていても、打つときにはロフトが開いて当たってしまっているので、ボールがつかまらないのです。

左肩が開くと、すくい打ちになる

左肩が開くと、すくい打ちになる

getty

大きく振り抜こうとして、左肩が開いてしまうから「こすり球」になるのです。

左肩が起きてしまうために、5番アイアンを使ってもインパクトの瞬間は6番アイアンとあまり変わらないロフトになるから、番手通りの飛距離が出ないのです。

ドライバーショットはティーアップしているので、多少左肩が開いて振ってもいいですが、アイアンショットは左肩を構えた位置に置いておくようなつもりでクラブヘッドを振り下ろしてやらないと、芝の上のボールはつかまりません。

左肩が開くと上体も起きてしまい、その結果クラブが下から来るのですくい打ちのような打ち方になってしまうのです。

左肩の開きを我慢する

左肩の開きを我慢する

getty

ドライバーショットは振り切ってスイングアークで飛ばせますが、アイアンはクラブフェースを少し閉じるようなイメージで上からボールをとらえるようにしないといけません。

そのためには、左肩の開きを我慢します。そうしないとボールはつかまらず、飛距離も出ません。

大きく振り抜こうとするとどうしても左肩が早く開くので、左わきを空けないようにして振り抜いて、フォロースルーを小さくまとめます。

左肩が開いてしまっている人は、左ひじも引けているので、フォロースルーで両ひじを空けないようにします。

そうすれば、左わきも締まって肘も逃げないので左肩が開かなくなるのです。

クラブフェースで運んでやるように打つ

クラブフェースで運んでやるように打つ

getty

アイアンショットも大きく振り抜けば飛ぶと思うのは大きな間違いです。

「クラブフェースで運んでやるようなイメージ」とよく言われますが、フォロースルーを大きく取ろうとするから飛ばないのです。

両肘の間隔を打った後も空けないようにして振ると、フォロースルーがあまり大きく取れません。

しかし、今までよりも正確にヒットできて、飛距離も1クラブ近く出るようになるでしょう。

アイアンで飛距離が思うように出ていない方、ぜひ試してみてください。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人
GN20190618-0722