【100切りを目指す人へ!】『前傾姿勢という違和感』を感じながらスイングできていますか?

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

切り返しからダウンスイングでの前傾姿勢を意識することで、スランプ脱出の糸口が見つかりかけている最近の私。

でも、前傾姿勢を保ちながらスイングしたら、確かにストレートに近いイイ球が出るのですが、何とも言い知れぬ“違和感”を覚えるんですよね。

イイ球が打てているのにも関わらず感じてしまう“違和感”

イイ球が打てているのにも関わらず感じてしまう“違和感”
ここのところドライバーもアイアンも左右に曲げまくっていましたが、先日のラウンドの最後の数ホールで、ようやくミスの原因がわかりました。

切り返しからダウンスイングで前傾姿勢が保てず、伸び上がりながらインパクトを迎えていたのです。

それを修正してダウンスイングからインパクトで前傾姿勢が崩れない(むしろ上体が沈み込む)ようにスイングしてみた途端、今までが嘘のようにボールはターゲット方向に飛んでくれるようになりました。

めでたしめでたし! と言いたいところなんですが……。

イイ球が出たのはうれしいんですが、何とも言い知れぬ“違和感”を感じるんですよね。

修正後(前傾姿勢キープ)のほうがインパクトの時にボールがかなり近くに感じますし、ボールを打つ瞬間はミスショットをしたような感覚に陥ります。

むしろボールがバラバラに飛んでいた修正前のほうが気持ちよくスイングできていた気がするのです。

前傾姿勢という不自然な体勢に“違和感”を覚えるのは当たり前!

前傾姿勢という不自然な体勢に“違和感”を覚えるのは当たり前!

getty

でも改めて考えると、正しいスイングに違和感を覚えるのは当然だと思うんですよね。

だって日常生活では、立っていようが座っていようが、上体は直立に近い姿勢で過ごしているわけです。

多少の前屈みになることはありますが、それでもゴルフの前傾姿勢のように、背筋を伸ばしたまま股関節から体を傾けた状態をキープすることなんてありません。

そう、前傾姿勢の他にも足裏の母指球に体重をかけたり、器用な親指や人差指ではなく中指・薬指・小指を中心にクラブを握るなど、ゴルフスイングでの体の動きは日常生活のそれからすると“違和感”のかたまりなのです。

それに、ゴルフそのものも止まっているボールを、そして地面もしくは少しだけ浮いた状態のボールを打つという、他の球技からしたら違和感満載の特殊なスポーツなわけですからね。

もっと『前傾姿勢という違和感』を感じましょう

もっと『前傾姿勢という違和感』を感じましょう

getty

ゴルフを始めてからずっとスライス球に悩まされている人は、もしかするとスイング中に体が違和感を感じて前傾姿勢を解いてしまい、無意識に日常の直立に近い体勢を取ってしまっているのかもしれませんね。

しかしそれはゴルフスイングにおいては伸び上がりという、スライスの元凶となる致命的な動きです。

ゴルフのスイングは、日常生活では行わないような不自然な動きの集合体です。

ですからナイスショットを打てた時に『前傾姿勢という違和感』を覚えるのは当然のことなのです。

そして正しいスイングをした時の『前傾姿勢という違和感』を違和感だと感じなくなった時には、ボールの方向性なんか気にしないくらいにレベルアップできているはずだと、私は思います!

特にスコア100切りを目指して日々練習に取り組んでいる皆さんには、この正しい動きができた時に生まれる“違和感”をもっと感じながらスイングをしてほしいと思う次第です!

ということで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019