シビれるショートパットは、グリップをしっかり握ってヘッドを走らせない!

お気に入り
プレッシャーがかかって緊張すると、手に力が入りスムーズなストロークができなくなるので、グリップを柔らかく握れという人がいます。

パッティングは柔らかいタッチで打ちたいので、それにはグリップ(握り)も柔らかいほうがいいと思われているようですね。

果たして本当にそうでしょうか。

左手はある程度しっかり握る

左手はある程度しっかり握る

getty

しかし、パッティングのグリップは、緩く握るよりも、ある程度しっかり握るという感覚のほうがいいのです。

あまり柔らかく握ると、プレッシャーがかかった時にパターヘッドが自分の意志と違った動きをすることがあります。

グリップが柔らか過ぎると、ゆっくりストロークしようと思ってもパターヘッドが勝手に利いて、自分で思っている以上にインパクトが強くなり、打ち過ぎることがあります。

ショートパットではこれが一番怖いことです。

手の動きがそのままパターヘッドに伝わるようにしたいので、左手はある程度しっかり強めに握ったほうがいいのです。

左手の小指側3本をしっかり、右手人差し指には力を入れない

左手の小指側3本をしっかり、右手人差し指には力を入れない

getty

飛距離が必要なショットは、柔らかく握っているとインパクトでクラブヘッドが利きますからいいのですが、ショートパットはパターヘッドを利かせたくないので、左手はしっかり握るようにしたほうがよいのです。

左手を緩めるよりしっかりという感覚のほうがパターヘッドの動きはゆっくりになります。

左手は小指側の3本でしっかり持って、右手の人差し指には力を入れないようにシャフトにあてがっておきます。

それで左手で引いて、右手のひらで打つようにすると、プレッシャーがかかってシビれる場面でもゆっくりストロークできるのです。

しっかり握った左手を最後までキープする

しっかり握った左手を最後までキープする

getty

左手をしっかり握ってグリップエンドを支点にし、右手のひらで打つようにするのは中尺パターも普通のパターでも同じです。

緊張した時のことを考えて、左手はしっかり持って、握りの強さを打ち終えるまで変えないようにします。

インパクトでグリップが緩むと打ち切れずショートし、打つ瞬間強く握るとパターヘッドが利いて打ち過ぎることがあります。

強めに持った左手の握りを最後まで変えずにストロークすると、手とパターヘッドはゆっくり同じ動きになるのです。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019