アプローチ方法に応じたクラブ選びが寄せワン確率を高める!

お気に入り
グリーン周りからのアプローチショットで注意しなければならないのは、スイングのミスよりもクラブ選択のミスです。

アプローチショットといっても、ボールが止まっている地点によって状況が大きく異なるからです。

グリーン周りの状況は千差万別

グリーン周りの状況は千差万別

getty

ボールからグリーンまでの距離、ピンまでの距離、ボールのライ、グリーンの傾斜や芝の状態などまちまちですから、その状況に応じてボールをどのくらい上げて、どのくらい転がすのがベストなのかという判断を的確に下すことが先決です。

主なピンに寄せる方法としては、ランニングアプローチ、ピッチ&ラン、ピッチショットの3通りのアプローチショットがあります。

3通りの攻め方を知ろう

3通りの攻め方を知ろう

getty

1.ランニングアプローチ
ボールからグリーンエッジまでが近く、エッジからピンまでが比較的長い場合、7番や8番アイアンなどロフトがやや立ったクラブで転がして寄せる。

2.ピッチ&ラン
ボールからグリーンエッジまで4~5ヤード以上離れている状況では、9番アイアンやピッチングウェッジでボールを直接グリーンに落とし、残りの距離をランでカバーする。ボールを上げて転がす寄せ方。

3.ピッチショット
グリーンエッジまで遠く、しかもバンカーやラフなどの障害物をクリアしたい状況で、かつピンが手前側に立っていてランを少なく抑えたい場合には、サンドウェッジ、またはロブウェッジを使って、上げて止める寄せ方。

自分の置かれている状況をすばやく把握し、ボールを転がしていくのが確率が高いのか、それとも上げていくべきなのかを判断し、それによって使用するクラブを決めるようにしましょう。

したがって、アプローチショットでは少なくとも3本のクラブを想定する必要があります。

ボールの落とし場所を決めて打つ

ボールの落とし場所を決めて打つ

getty

ピンに寄せる確率を高めるには、キャリーでボールをグリーン上のどこに落とし、ランをどのくらい出すのかをいつも考慮に入れなくてはなりません。

つまり、ボールの落とし場所を決めて打つのです。

そのためには、それぞれのクラブのキャリーとランの割合を前もって知っておかなければいけません。

キャリーとランの比率の大体の目安は次の通りです。

●7番アイアン→2対8
●ピッチングウェッジ→5対5
●サンドウェッジ→8対2

グリーンの速さや傾斜、芝の質、乾き方によってボールの転がり具合は違ってきますから、その都度ボールの落とし場所をチェックしなければなりません。

グリーンの下り傾斜の場合や芝の乾いている時などランが多く出る状況では、落とし場所を手前側に設定します。

反対に上り傾斜や雨などで芝が濡れていてランが出にくい場合は、ピン寄りに落とし場所を設定します。

ライの状況によって適切なアプローチ方法を選択して、寄せワンを量産しましょう!
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019