ここで差が付く!ショートゲームの練習でスコアアップにつなげよう!

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

皆さん練習場へ行ったらどんなクラブで練習しますか? ドライバー? 7番アイアン?

いろいろな練習の理論があったり、自分のペースがあると思います。そこでスコアアップに大きく影響するショートゲームの練習はされていますか?

ショートゲームは、大きくスコアを削ることができる可能性があるんです!

そもそも「ショートゲーム」とは?

そもそも「ショートゲーム」とは?

getty

ショートゲームの定義はちょっと曖昧で、各メディアや雑誌などでばらつきが見られますが、概ね100ヤード以内のショット(パッティング含む)と考えて大丈夫です。

普段皆さんが訪れるゴルフ場で、ドライバーショットの後、残りが50ヤードくらい残る場合って結構多いと思うんです。

こうなるとウェッジでグリーンを狙っていくんですが、高いボールにしても低いボールにしてもスイングや振り幅、力加減を調整して打たなければいけませんよね。

スコアのいい人ってこうした短い距離で確実にグリーンに乗せてきますし、さらにはピン位置まで計算して、上りのパットが残るように狙ってきます。

ショットの調整力は練習しなきゃ身に付かない

ショットの調整力は練習しなきゃ身に付かない

getty

しっかりスイングして番手通りの飛距離が出せるようになってきても、100ヤード以内のショットは上手くなりません。

だってスイングを加減して振らないとグリーンが狙えませんからね。

転がしで攻めるのか、上から落とすのか、そういったマネジメントの話はこの際別に考えて、ボールを狙ったところに落とすには調整力が必須。

こうしたショットの調整力は練習場でしっかり身に付けておかないと、ラウンドで上手くいくはずがありません。

短い距離が残った場面、グリーンに乗せられれば2パットでいけたりもします。

でもグリーン周りから寄せ切れないと簡単にボギー、ダブルボギーを叩くことが増えてしまいます。

ゴルフは飛距離も大切だけど、ショートゲームも大切

ゴルフは飛距離も大切だけど、ショートゲームも大切

getty

さて、ここで練習場でよくみる光景なのですが「ゴルフは飛距離だ!」っとドライバーばっかり練習してる人いますよね?

飛距離を出すことにエネルギーを傾けることもものすごく大切なことなんですが、そのボールの内、2割くらいでいいのでショートゲームの練習に充ててみませんか?

短いアプローチでパーオンできるか、ボギーオンになってしまうのかは、このショートゲームの技術によって決まります。

でも逆にショートゲームが上手になれば、スコアを大きく縮めることもできますよね。

ショートゲームの練習こそ打ち放題がお得!?

ショートゲームの練習こそ打ち放題がお得!?

getty

ゴルフ練習場では1球〇円という料金体系と、〇時まで打ち放題、という料金体系の大きく2種類があると思います。

打ち放題ってたくさん打たなきゃ損をしたような気がしてしまうので、がんばって打つんです。それが逆効果になってしまう場合もあるんですよね。

ですが短いショートゲームの練習こそ、この打ち放題システムを目一杯活用したほうがいいと思うんです。

それは振り幅が小さいのであまり体力を消耗しないことと、距離感を身に付けたいのでたくさん打つ必要があるからです。

なのでショートゲームの実力アップのためにも、打ち放題ではガンガン短い距離をぴったり狙えるように練習してみましょう。

これができるようになれば大きくスコアを崩すことなくスコアアップに貢献してくれるはずですよ。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019