左サイドが危険な時ほど左わきを閉め、左に振り抜く!

お気に入り
絶対に左サイドに行かせたくないホールってありますよね。

引っ掛けたらOBゾーンまっしぐらとか池ポチャというホールではフェード系のボールを打って、間違っても左に行かないようにしたいものですが……。

左を向いて体に沿って振るのが基本

左を向いて体に沿って振るのが基本

getty

絶対に左サイドに行かせたくない場合、左に振り抜いてフェード系のボールを打つといいでしょう。

フェードボールの打ち方の基本は、クラブフェースを目標に向けたまま、体を左に向けて体に沿って振ることですが、絶対に打ってはいけないというプレッシャーの中では、ミスショットが出てしまうものです。

一番やってはいけないのは、スイング中に腰の回転が止まったり、右サイドが下がることで、思いとは逆のフックボールが出てしまうことです。

いつも以上に腰の回転と左わきの閉めを意識する

いつも以上に腰の回転と左わきの閉めを意識する

getty

プレッシャーのかかる中で、特に意識しなくてはいけないのが腰の回転と左わきの閉めです。

トップスイングからの切り返し以降、腰は常に先に回転させます。

インパクト時に、肩のラインはボールと正対していても、腰は目標方向を向くくらい先行させるのです。

また、ダウンスイングから左わきが開いていると、クラブフェースも開いてしまうので、つかまったフェードボールにならないし、右サイドが下がりやすくなります。

左腕が体の横についているイメージ

左腕が体の横についているイメージ

getty

ダウンスイング以降、常に左腕が体の横についているイメージを持ち、フォロースルーでクラブを立てるように振ります。

左わきが空いてしまうクセが治らないという人には、こんなドリルをお勧めします。

左手でグリップエンド、右手でグリップの先端を握り、両手の間隔を空けたグリップで素振りをします。

左わきが閉まったまま、クラブを立てて振り抜くイメージが持ちやすくなるはずです。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721