アイアンの方向性アップ!練習場でできる方向性アップの練習法
ゴルフ初心者

アイアンの方向性アップ!練習場でできる方向性アップの練習法

0

100切りにおけるアイアンショットで1番重要なことは、少しでも前進することです。

そして次に重要なことは“方向性”です。

方向性がしっかりしていればOBや池に落ちる可能性が少なくなります。

100切りの達成には弾道や微妙な距離感にこだわるよりも方向性を優先させましょう。

方向性がずれる理由

右打ちの場合、大体の方が目標よりもやや右を向いています。

なぜアドレスで目標物よりやや右方向を向いてしまうのでしょうか?

それは肩のラインを目標方向へ向けているからです。

弓道やアーチェリーのように体の側から矢が飛んでいく場合は、肩のラインを目標に向ければそこに矢が飛んで行きます。

ただ、ゴルフの場合は体とボールが離れています。

肩を目標物に向けるとボールは肩のラインと平行して飛んで行き、目標よりも右方向へ飛んでいくという具合です。

ゴルフにおけるアドレスは、ボールと目標物を結んだラインと平行に肩のラインを向けるということを覚えておきましょう。

練習場で方向性を養う

毎回ゴルフ場に行って練習できるにこしたことはありませんが、アマチュアゴルファーにはそんな機会はなかなかありません。

そこで練習場でもできるアイアンの方向性を身に付ける練習法を紹介します。

練習場の打席はおおよそネットの中心に向いています。

何となく打っていてもボールが中心に集まるようになっているので方向性は身につきません。

方向性を養うには、練習場の周囲の鉄塔を利用しましょう!

ほとんどの練習場の1番奥にはネットを支える鉄塔が立っています。この鉄塔を狙ってショットを打ってみましょう。

1番左の鉄塔を狙う。
→その時のアドレスの向きをチェックしてもらう。

右から2番目の鉄塔を狙う。
→その時のアドレスの向きをチェックしてもらう。

チェックしてもらう人がいない場合は、

①目標に向かってアドレスを取ってみる

②ボールは打たず、足のかかとのラインにアイアンを置く

③アイアンのラインがボールと目標を結んだラインと平行になっているか?

以上の方法で確認してみましょう。

まとめ

100を切るには方向性がとても重要です。

方向性を整えるにはインパクト時のフェースの向きなどの要素もありますが、まずは正しくアドレスを取れるようにすることがスコアアップへの近道です。

上記の方法なら自分1人でもアドレスの向きをチェックすることができるので、ぜひ練習場に行った時は実践してみてください!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アイアンの方向性アップ!練習場でできる方向性アップの練習法

カートに追加されました。


×