ラフでもあきらめないで!ラフからグリーンを狙うコツは払い打ち!

お気に入り
ティーショットでフェアウェイを外れ、ラフに入ってしまうなんてことは、1ラウンドで何度もあるのではないですか?

しかし、ラフに入ったくらいではパーは十分取れますし、ナイスショットを打てばバーディーチャンスだってまだあります。

ボールがスッポリとラフに沈んでいるのではなく、浮いていたり、半分以上出ている場合には、グリーンを狙うことは可能なのです。

ダルマ落としに注意

ダルマ落としに注意

getty

ボールが浮いている場合であれば、ティーアップされている状態と同じだと考えればいいでしょう。

どの番手でも打つことができますが、注意するのはボールの下をクラブヘッドが潜り抜ける「ダルマ落とし」です。

この状況では、ボールの位置までの距離をアジャストするために、クラブを短く握って、クラブフェースと目標とをスクエアに合わせて構えます。

コンパクトに横からボールをとらえる

コンパクトに横からボールをとらえる

getty

そして、アイアンショットでもダウンブローに打ち込まず、コンパクトなスイングでボールを横から払って打ちます。

一方、ボールが半分ほど出ている場合のショットを簡単にしてくれるのがフェアウェイウッドです。

なかでもロフト角の多い5番ウッドくらいならば、ボールも上がりやすいでしょう。

フェアウェイウッドの利点は、幅の広いソールがあることです。このソールをスムーズに芝の上を滑らせるイメージで打っていくことです。

ミドルアイアンよりもフェアウェイウッド

ミドルアイアンよりもフェアウェイウッド

getty

ミドルアイアンだと、インパクトでラフの抵抗をまともに受けて、手前に突き刺さってしまうダフリ、ザックリといったミスショットが出てしまうことが多いはずです。

フェアウェイウッドでソールを滑らせて打つのであれば、推進力が損なわれることなく、簡単にボールを上げていくことができるのです。

ラフに入ったからといって簡単にあきらめず、ライの状況次第では果敢にグリーンを攻めてみましょう。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >