背筋を伸ばして大きく立つことが、飛距離と安定感につながります

お気に入り
ここ一発飛ばしてやろうと思うホールでは、ボールを強く叩こうとして、ボールから離れて立つ傾向が見られます。

その結果、上半身の前傾が深くなり、左わきが空いてしまい、腕と体の動きがバラバラになってしまうのです。

大きく、高く、自然体

大きく、高く、自然体

getty

ボールから離れて立つと、ジャストミートする確率が悪くなるだけでなく、上手く当たったとしても腕主体のスイングなので、思ったほど遠くに飛びません。

飛距離を伸ばしたいのであれば、体の各部の力みを取るとともに、大きく、高く、自然体で立つようにすることが重要になってきます。

スイング軸をピンと伸ばす

スイング軸をピンと伸ばす

getty

下半身をしっかり固めたら、軽く上半身を股関節から前傾させたくらいでちょうどいい姿勢です。

その時、頭が上に引っ張られているような感じを持つといいでしょう。

スイング軸は、尾てい骨から首筋にかけての背中のセンターラインです。ここをピンと伸ばすようにすると、大きく立つことができます。

前傾角度を変えずにスイング

前傾角度を変えずにスイング

getty

この時にボールを見ようとして、首筋が曲がってしまわないように注意しましょう。

ボールは覗き込むのではなく、首筋はピンと伸ばしたままで伏し目がちに見ることです。こうすることによって、左わきもしっかり締まります。

あとは前傾角度を変えずにスイングしていけばいいのです。

すると、力まずに、再現性の高いスイングができるはずです。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516