大きなトップを身に付けるポイントは「背中」と「右ひざ」!

お気に入り
アマチュアゴルファーの多くはゆったりとしたスイングができていません。

たいていの場合、打ち急いだスイングになっています。

打ち急ぎの原因のひとつに、左肩がまだアゴの下まで十分入ってきていないのに打ちに出てしまっていることが挙げられます。

まずは左肩を十分回す

まずは左肩を十分回す

getty

ドライバーショットにおいては、体の柔軟性にもよりますが、トップスイングでアゴの下まで左肩が入ってくるのが理想です。

アゴの下まで十分に左肩が入ってこないと、正しいダウンスイングの軌道が得られずにスライスボールや引っ掛け、トップ、ダフリといったあらゆるミスショットを誘発してしまいます。

飛距離をアップさせたいのならば、まずは左肩を十分回すことを心掛けることです。

トップで背中が目標を向いているか

トップで背中が目標を向いているか

getty

その時に左肩に意識を向けるのではなく、背中に着目するといいでしょう。

どういうことかと言うと、上半身を捻りながら、背中を目標方向に向けるように心掛けるのです。

トップスイングで背中が目標に向くようになれば、左肩も十二分に回ってきます。

このとき気を付けたい点は、体が右へ流れてしまうスウェーです。

右ひざをアドレスの位置にキープ

右ひざをアドレスの位置にキープ

getty

スウェーを防止するためには右ひざをアドレスの位置にキープし、右足の上よりも右へ流れないようにすることです。

また、右ひざはアドレスで若干曲げた状態をキープし、伸び切らないようにすることです。

右ひざの位置がキープできていれば、上半身が多少右へ動いても構いません。

むしろ右足太ももの上に頭を動かすくらいのほうが、上半身を大きく捻転できるのです。

「右ひざをキープ」した状態で「背中を目標方向まで回す」ことができれば、左肩が十分に回った、大きなトップが身に付き、飛距離アップにつながるでしょう。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019