インパクトがそろう!50ヤードのアプローチはティーアップして練習しよう

getty

インパクトがそろう!50ヤードのアプローチはティーアップして練習しよう

お気に入り

タイガーです。

今回は50ヤードくらいのアプローチについて。

転がすことはできない距離。しっかりとスイングする必要があり、距離感も難しいと感じている人が多いと思います。

そんなときは練習場でティーアップしてみましょう。

ティーアップして打つメリット

ティーアップして打つメリット

getty

アプローチが苦手という方は多いはずです。

特に50ヤードほどの距離になると転がすこともできません。

ボールを上手く浮かして打てるようになるために、ティーアップしたボールをウェッジで打つ練習をしましょう。

練習場のマットは比較的ソールが滑りやすくなっているので、手前でダフってしまうような軌道でもうまく打ててしまうことがあります。

なので高めにティーアップしたボールをティーに触れずに打つ練習をしましょう。

これが結構難しいです。

ティーを意識しすぎてトップばかり出るかもしれません。

いいショットと悪いショットの違いは音です。

いいショットの音をしっかりと覚えておきましょう。

打ったボール高さにも注目

打ったボール高さにも注目

getty

練習場はコースのように芝ではないところのほうが多いはずです。

この場合、実際どれくらいのランが出るのかわかりにくいです。

アプローチの練習では打った球の高さにも注目してください。

50ヤードの距離を打ち続けても、高さがバラバラだとランに影響が出てしまいます。

これは高さが違うとスピンの量が違うからです。

ある程度一定のスピン量であれば、グリーンでボールは同じように止まります。

もちろん少ない量だと止まりにくくランが出やすくなってしまいます。

アプローチでは自分の距離感を把握していることがとても大切です。

打った球の高さにも気をつけましょう。

片手打ちをやってみよう

片手打ちをやってみよう

getty

アプローチでさらにコントロール性や安定感を求めている方や、急にうまく打てなくなった方はティーアップして片手打ちをやってみましょう。

左手と右手で効果が違うので要注意です。

まずはうまく打てなくなった人は左手だけでスイングしてみましょう。

アプローチのミスは体の回転がうまくできていないことが原因かもしれません。

左手一本で打つことで体の回転を使う感覚を養えるはずです。

このとき常に体の正面にクラブがあることを意識しましょう。

また左脇が開かないようにすると打ちやすいです。

一方、方向性を強化したい人は右手一本で打ってみましょう。

スムーズにクラブを振れていないと打った球の高さがバラバラになってしまいます。

インパクトで球がフェースに乗っているような感覚で打つことができれば最高です。

手首の動きの調節でうまく打とうとせず、腕全体を使ってダウンスイングするようにしましょう。

ティーアップからのアプローチ練習でアプローチ名人を目指しましょう。

お気に入り
タイガー

ゴルフの打ち方は人によって本当に色々あるなと思います その中で自分なりにうまくいったことや気付いたことを記事にしていきます 是非試してみてください

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップA