深いラフからは、フェースを開いてアウトサイドインのカット打ちが有効!

お気に入り
新緑の季節となり、ゴルフコースのラフも伸びてきましたね。

ラフからのショットは、芝の抵抗に負けて飛距離が落ちたり、逆にスピンがかからず想定外のランが出て、グリーンオーバーなんてこともありますよね。

ここでは、これから元気になってくるラフから、どうしたら上手く打てるか考えてみましょう。

スッポリ沈んでいたら、迷わずサンドウェッジ

スッポリ沈んでいたら、迷わずサンドウェッジ

getty

私たちが普段プレーするコースでは、「日本オープン」をはじめとするプロの試合のように、足首までスッポリとボールが埋まってしまうラフはあまりありませんよね。

それでも深く粘っこいラフにつかまってしまったら、一番ロフトのあるクラブ、つまりサンドウェッジ(SW)を持って、できるだけ芝の抵抗に負けないようにすることが賢明です。

次に大切なことは、そのライからSWで打って、どのくらいのキャリーを出すことができるかの判断です。

単にグリーン方向を狙っていっては、再びラフにつかまってしまうと思えば、確実にフェアウェイに脱出できる方向に狙いを変えなければいけません。

ランを想定してショットを打つ

ランを想定してショットを打つ

getty

深いラフでも比較的浅いラフでも、ボールにはスピンがかからず、ランが多く出ます。

フェアウェイにボールを落としたのはいいが、転がって反対側のラフというのでは何にもなりません。

ランまで計算して、なおかつ次打でできるだけピンを狙いやすいエリアを選び、その方向に狙っていくことになります。

グリーン方向を狙える状況でも、このランを計算に入れて、次打でピンに寄せやすいポイントを割り出していくことが必要です。

ただし、SWなどのロフトのあるクラブで脱出した場合は、スピンは少なくても高さであまり転がらない場合もあるので、注意しましょう。

鋭角的なスイングで、カットに打つ

鋭角的なスイングで、カットに打つ

getty

スイング的には払うようなショットでは深いラフは攻略できません。

インパクト前のラフの抵抗をできるだけ小さくするためにも、上から下への鋭角的なスイングが必要になってきます。

少しオープンスタンスにして、意図的に高いトップスイングから目標の左に振り抜くようにします。

いわゆるアウトサイドインのカット打ちでクラブを鋭角的に入れていくのです。

手首は使わずに、体の回転でスイングすることが、ミスを最小限に抑えます。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >