30ヤードをうまく打つテクニック教えます。右ポケットを回転させる?

getty

30ヤードをうまく打つテクニック教えます。右ポケットを回転させる?

お気に入り

タイガーです。

アマチュアゴルファーが苦手としているショットの一つに、15ヤードから30ヤードのアプローチがあります。

逆にシングルで回る人は、この距離感がバッチリですよね。

うまく打てれば武器になる「30ヤードの極意」を僕なりに解説していきます。

なぜアプローチがうまくいかないのか

なぜアプローチがうまくいかないのか

getty

30ヤード以内のアプローチで失敗してしまう原因は「手打ち」になってしまっているから。

そのために体の回転が重要となってきます。

アプローチ以外のショットでは体が回転して打てているのに、なぜアプローチではうまくいかないのか。

多くの場合、球に当てようとしてしまい体の回転ができていません。

体が回転せずに腕の動きだけで打とうとすると、体が伸び上がったりしてキレイにインパクトできません。

アプローチがうまくいかない人は体の回転を意識しましょう。

石川遼選手の極意

石川遼選手の極意

getty

体の回転と腕を連動させればいいんだと理解していても、実際にはうまくいかないことのほうが多いと思います。

石川遼選手はアプローチをうまく打つ極意として、右ポケットの使い方を挙げています。

どういうことかというと、体の回転と腕を連動させると考えるのではなく、右ポケットを正面に出すように打つそうです。

フィニッシュの際に右ポケットが進行方向に動いていけば、体が回転しているのと同じですよね。

たしかに体全体を回転させると考えると漠然としていて、何をどうしてよいのかわからなくなります。

しかし右ポケットを回転させると考えて意識すれば、よりシンプルに体を回転させて打つことができます。

体の回転を「右ポケットを動かす」という言葉に置き換える、発想の転換が面白いですね。

先に回転させておこう

先に回転させておこう

より確実にインパクトするために、先に体を回転させてからアドレスを取るという方法もあります。

上の図を使って説明します。

普段なら、ボールを飛ばしたい方向と、足のライン、肩のラインを平行に構えていると思います。

いわゆるスクエアスタンスです。

それだとフィニッシュに向かって体を回転させて打つのが難しいわけです。

それを解消するために先に体をフィニッシュ方向に向けましょう。

まずは体全体を飛ばしたい方向よりも左に向けて構えます。

このとき足のラインが左に向いています。オープンスタンスのような形です。

そのあと、肩のラインをボールを飛ばしたい方向と平行にします。

するとフィニッシュしたい方向に対して体の捻れを感じるかと思います。

当然ですが、このとき肩のラインと足のラインを平行にしてしまうとボールは左に飛んでいくので注意しましょう。

あとは普通にボールを打ってみてください。この捻れが体を勝手に回転させてくれます。

僕は実際に簡単に打てるようになりました。

体の回転が難しいという方は、ぜひこの方法で打ってみてください。

お気に入り
タイガー

ゴルフの打ち方は人によって本当に色々あるなと思います その中で自分なりにうまくいったことや気付いたことを記事にしていきます 是非試してみてください

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップH