きれいなフィニッシュを身に付ければスイングは良くなる

お気に入り
タイガーです。

かっこよくフィニッシュを決めているゴルファーに憧れませんか?

今回はフィニッシュの重要性を僕なりにお伝えしたいと思います。

フィニッシュが悪いとこうなる

フィニッシュが悪いとこうなる

getty

良いスイングをしようと思った時、バックスイングとトップの位置、そこからのダウンスイングを気にしている方は多いと思います。

その一方で、フィニッシュをしっかり取ることを意識している方は少ないのではないのでしょうか。

しかし身体が背中側に傾いてしまうとボールは右に、逆に前に倒れてしまうとボールは左に飛んでしまいます。

良いフィニッシュを取るためにはバランスの良いスイングが必要となるわけです。

良いフィニッシュは良いスイングの大切な要素の一つだとわかります。

フィニッシュから練習しよう

フィニッシュから練習しよう

getty

良いフィニッシュを取るために、まずはフィニッシュの形から練習しましょう。

あなたにとって憧れるフィニッシュの形を取っている選手はいますか。

まずはその選手の真似をしてみましょう。

腰の回り具合、手の位置、ヘッドの位置などを意識して真似してみると、自分が今までしてきたフィニッシュの形とはまったく違うことに気づくと思います。

もちろん、石川遼選手のような身体の柔らかい選手の真似をするのは難しいかと思いますので、無理のない範囲で行ってください。

自分にとって良いと思うフィニッシュの位置を見つけましょう。

そして良いフィニッシュの形をしっかりと体に覚えさせましょう。

良いスイングが生まれる不思議

良いスイングが生まれる不思議

getty

フィニッシュの形ができたら、そこからトップの位置にクラブを振り上げてみましょう。

そこからダウンスイングを経て、アドレスの位置でクラブを構えます。

そして、アドレスの構えから、再度フィニッシュの位置までクラブを戻します。

この時、フォローでクラブがどういった道筋を通るかしっかりと意識して行いましょう。

これらの動きを繰り返し行い練習しましょう。

特にアドレスの位置からフィニッシュまでのクラブの動きを丁寧に練習することで、勝手に良いフィニッシュが取れるようになります。

プロの選手が試合の中で、ボールを打つ前の素振りの際に、フィニッシュからそのままトップの位置にクラブを持っていき、また素振りを行うという動作を見たことがある方も多いかと思います。

フィニッシュからトップ、そしてフィニッシュへの動きを繰り返すことでスイングの再現性を高めているわけですね。

上手い人はフィニッシュがキレイだなと思うことが多いです。

まだ意識したことがないという方は、一度意識してみて練習してみてください。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >