ドライバーで曲げないための3つの秘訣+1!

お気に入り
ゴルフで一番ガッカリしてしまう瞬間は、OBを打ってしまったときですよね。

スコアももちろんですが、ボールも失くしてダブルパンチで落ち込んでしまいます。

その原因となる一番は、ドライバーで曲げてしまった時でしょう。

飛距離が出る分、曲げるととんでもない場所に行ってしまいます。

そうならないためにも、ここでは曲げない秘訣を説明していきます。

ぜひとも身に付けてみてみてください♪

1.どのポイントを狙うのか、しっかり定めてから打とう!

1.どのポイントを狙うのか、しっかり定めてから打とう!

getty

秘訣その1として、まずはしっかりと狙うポイントを明確にする、ということが挙げられます。

よく曲げてしまう人の特徴として、「あの辺でいいや」「とりあえず飛んでくれたらいいや」という感覚で打っている人が多いためです。

そうではなく、自分の狙うポイントを定めることでそこを狙う意識付けができます。

そうすると自然と曲げないドライバーが身に付いてくるのです。

技術的なところはもちろんですが、まずはそういう意識を持って打つようにすることから始めてみましょう!

2.ティーアップを高くして曲げないショットに!

2.ティーアップを高くして曲げないショットに!

getty

秘訣その2として、ティーアップを高めにするということがあります。

だいたいボール半分程度がドライバーのヘッドから出ているくらいが基本ですが、それよりも気持ち高めにすることで曲げないショットになってきます。

ティーアップが低いと、ダフるのを嫌がって、上からの打ち込み軌道になってしまうことがあります。

そうすると、余計なスピンが掛かりやすくなり、飛距離も伸びませんし、曲がりやすくなってしまいます。

そういう時は、ティーを少し高めにすることで、横から払ってあげるようなイメージになっていきます。

そうすると余計な回転がかからず、結果的に曲がり幅が少なくなってくるのです。

一度試してみてはいかがでしょうか?

3.スイングスピードを調整して安定したショットを!

3.スイングスピードを調整して安定したショットを!

getty

秘訣その3は、スイングスピードを調整するということです。

ドライバーというとみんな思いっ切り振り抜くクラブだと思いがちですが、決して毎回全力で振る必要はないと考えます。

多くのプロゴルファーは、70パーセントくらいで振っていることが多いそうです。

フェアウェイをとらえないといいスコアにつながらないプロたちは、抑えて打つことで的確に狙ったところに打っていこうとするのです。

スピードを落としてでも、芯にしっかり当てることで、曲げないショットになります。

抑えた打ち方ができるようになれば、曲げないことも簡単になってきますよ!

(おまけ)100ヤードドライバーを練習しよう!

(おまけ)100ヤードドライバーを練習しよう!

getty

おまけの秘訣として、ドライバーで100ヤード飛ばせるようになるというものがあります。

ドライバーで100ヤードなんて、と思うかもしれません。

実際そんな距離でドライバーを使うこともないでしょう。

しかしながら、ドライバーで狙った位置に、しかも力を抑えて100ヤードにする、これほど難しいことはないのです。

逆に、この技を身に付けてしまえばショットが安定してくるのです。

ぜひともドライバーでの100ヤードショットに挑戦してみてください。

これを身に付ければどのクラブでも安定してくること間違いありません。

いろいろと紹介してきましたが、曲げないショットに直結してくることばかりです。

曲げないドライバーを身に付けたいと思ったらぜひとも実践してみましょう♪

これでドライバーももう怖くありませんね。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >