大ピンチ!でも大丈夫!アゴの高いバンカーショットの極意教えます

getty

ゴルフスイング

大ピンチ!でも大丈夫!アゴの高いバンカーショットの極意教えます

0

ただでさえ苦手なバンカーショット。

ましてプレーヤーがすっぽり隠れるほどアゴの高いバンカーは、プレッシャーを与えますよね。

しかし、ロフトがボールを上げてくれることが分かれば、もう恐れることはありません。

オープンに構え、右足を軸に振る

クラブフェースを開きます。

開いて右を向いたフェースが目標を向くように左足を引いてオープンに立ちます。

そもそもボールを上げるためにフェースを開いたのですから、その分思い切って体もオープンにしなければいけないのです。

そして右足を軸にしてスイングすれば、ボールは難なく上がります。

ノーマルなエクスプロージョンショットは左足体重にしますが、高いアゴの場合は左足体重にはしません。

左足を軸にスイングすると、通常の高さしかボールが上がらないからです。

スタンスに沿って左に振る

ボールを上げようとして、クラブを高く振り上げるアマチュアゴルファーが多いようですが、実際はやり方が逆です。

バックスイングを飛球線に沿ってあげたら、スタンス方向へ振り抜きます。

スタンスに沿って目標の左へ振ったら、フォロースルーは逆に低く収まります。

軸足がいつもと逆になりますから、バンカーに入る前にスイングイメージを確認しておくことが大切です。

そのとき、クラブを振り上げたらすくい打ちをしようと思うといいでしょう。

アゴにくっついていたら、インパクト即フィニッシュ

ボールがアゴの下に突き刺さったケースは別として、アゴの近くにあるボールは出せます。

フェースを開いて、左足はバンカーの外、右足にすべての重心をかけるつもりで構えます。

軸になる右足は伸ばしても曲げても構いません。状況に応じて立ちやすいようにしてください。

大切なことはアドレスでの右足の状態を変えないでスイングすることです。

右足を伸ばしておいて、ダウンスイングで曲げたら、手がアドレスの位置よりも左へ出てシャフトが土手に当たってしまいます。

アドレスした位置へ手を戻し、どっちにしろヘッドは抜けないのですから、アゴの下にめり込ますつもりで打ちます。

ボールを上げて出すことが最優先ですから、距離を出すことは望めません。

フェースを開き、ソールから落として、アゴの下にヘッドを入れて終わりというイメージを持てば、とりあえず脱出はできます。

左足は遊んでいるくらいにして、最後まで右足重心でスイングすることです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

大ピンチ!でも大丈夫!アゴの高いバンカーショットの極意教えます

カートに追加されました。


×