幻のゴルフ場「東雲ゴルフクラブ」を知っていますか?

「東雲(しののめ)ゴルフクラブ」と聞くと、今では洋菓子の「シャトレーゼ」が栃木県で運営しているゴルフ場を思い浮かべるかもしれません。

丘陵地帯にゆったりとコースが作られていて人気のゴルフ場です。

でも「この場所でなんで東雲って名前なんだろう」と不思議に思いませんか? 現在の所在地は栃木県塩谷郡高根沢町亀梨。。。東雲なんてどこにもない!

そんな疑問を持ったのはワタシだけではないはずです。

実はこのゴルフ場は東京都江東区東雲にあった「東雲ゴルフ場」が移転してきたゴルフ場なのです。

(以下、写真はGoogleより)

東雲ゴルフ場はどこにあったのか?

東雲ゴルフ場はどこにあったのか?
東雲に今でもゴルフ場があったら。。。

想像しただけでもうれしくなっちゃうんですが、臨海開発の地域になったこともあって東京都に用地返還になり、1981年(昭和56年)にゴルフ場は閉鎖となってしまったんです。

その後、今の栃木県に場所を移転してゴルフ場は存続という形になりました。

存続と言ってもそこにあったゴルフ場はなくなってしまったことに変わりはないのですが。。。

そういえば、子供の頃「ゴルフ場」「大型練習場」が下町にあったようななかったような、映像を見た遠い記憶がある気がします。

東京都江東区有明に1952年(昭和27年)に開場し本格的な18ホールのコースと二階建ての300ヤードを超えるドライビングレンジがある施設でした。

ドライビングレンジの跡は木村屋総本店東京工場になっています。

この頃はレインボーブリッジはもちろんお台場はうっそうと木々が茂っていて高層ビルなどまったくない頃でしたが、ゴルファーがたくさん集まる場所だったんですね。

ゴルフコースはドライビングレンジに隣接する形で18ホールが広がっていました。

写真で見てもらうとわかりやすいですが、写真左に見える四角い島とその一帯が現在のお台場海浜公園とお台場ビーチとアクアシティお台場となります。

現在の国際展示場駅目の前と有明テニスの森にゴルフ場が広がっていたということです。

こんな場所にゴルフ場が今もあったら都内のゴルファーにとっては最高だったんですがね。

もう少し詳しく見てみよう!

もう少し詳しく見てみよう!
線を引いてわかりやすくしてみました。

赤い線が高速道路です。左右に伸びる赤線が湾岸線、左上に伸びる赤線がレインボーブリッジ、右上に伸びる赤線が首都高10号線(晴海線)です。

緑の線は鉄道です。真ん中左右に伸びる緑線は臨海線、下から中央を上に伸びる緑線がゆりかもめとなります。

東京ビックサイトや東京ベイワシントンホテルや水の科学館の目の前にゴルフ場があったことがわかります。

この写真ならゴルフ場のコースレイアウトもほぼイメージできます。

お気づきの通りワタシはレイアウトを想像して頭の中で何度もプレイしてみました(笑)。

設計は名匠「井上誠一」さんという事を考えてもかなり面白いコースだったことが想像できます。

「有明テニスの森や公園などへ行ってみたらもしかして面影があるのかも?」と思って散策に訪れたこともありますが残念ながら面影はもうありませんでした。

ワタシだけかもしれませんが、こうして地図や航空写真を眺めながらその時代を散策するのも楽しいひと時で、ゴルフの楽しみかたの一つなのかもしれません。
お気に入り
まもプ(蝶首亭塗立)

プロなのにプロっぽくない。ペンキ屋なのにペンキ屋っぽくない。食いしん坊のプロペンキ屋としてプロゴルファーとして活動する「二足のワラジスト」なんです。なので、限りなくアマチュアに近いプロ(笑)「すぐ会えるプロゴルファー」です。最近では「蝶首亭(ちょうねくてい)一門」へ入り「塗立」という名前を頂きました。こう見えて(見えないか)海外武者修行や国内外QT出場などの経験もあります。プロらしくないコアなゴルフ情報を中心に記事を書きます。ラウンドベスト-64、ハーフベスト-28(8連続バーディー) http://nisokunowarajist.blog.jp

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。