ボールを打たずに上達する!ゴルフが上手くなるジム活用法!【PR】
ゴルフスイング

ボールを打たずに上達する!ゴルフが上手くなるジム活用法!【PR】

0

「なかなかゴルフが上手くならないんだよなぁー」なんて悩んでいませんか?

その理由をお教えしましょう。

なぜなら、練習場でボールを打つ練習ばかりしているからです!(ドーン!)

ゴルフもスポーツである以上、他のスポーツと同様です。

練習場でボールを打つだけでなく、ボールを打つのに適した体をトレーニングで作ることも上達につながるのです!

「でも、ジムってめんどうくさいよなー、会員になるのも高いし……」

ちょっと待って!

月額2700円という値段で、履いてきたシューズでそのままトレーニングできるというカジュアルで使いやすいトレーニングジムがあるのです!

……というわけで、この記事は『スポーツクラブ アクトス』の提供でお送りいたします。

それでは、ゴルフ上達に役立つジムのメニューをご紹介していきましょう。

モデルは、Gridgeの1分レッスン動画でおなじみの今野一哉プロです(取材協力:アクトスWill_G南流山店)。

まずは有酸素運動でウォーミングアップ!

まずは有酸素運動でウォーミングアップ!

まずジムに来たら、有酸素運動でウォーミングアップをしましょう。

トレッドミル(ランニングマシン)で走るよりも、膝や首、腰への負担が少ないバイクがおすすめです。

あまり重い負荷をかけず、5~10分汗ばむ程度行いましょう。

バイクは、太ももの前部分が鍛えられ、アドレスの安定感が増すほか、骨盤を左右に入れ替えることでスウェーの防止にもつながります。

こぐときには体を左右に振らず、中心の軸をぶらさないようにしましょう。

体が温まったらストレッチを

体が温まったらストレッチを

最初にストレッチをしてから運動を始める人も少なくないですが、順番としては、体を温めてからストレッチをするほうが効果的です。

『スポーツクラブ アクトス』のストレッチエリアには、タオルを使った効果的なストレッチの方法を紹介するポスターが掲出してあるので(写真)、ぜひ参考にしてください。

シーテッドローで肩甲骨の可動域を広げる!

シーテッドローで肩甲骨の可動域を広げる!

ストレッチが済んだら、まずは肩甲骨・背中を動かすシーテッドローを行いましょう。

肩甲骨の可動域が広がると、飛距離アップにつながるほか、ケガの予防にもなります。

ハンドルを引くときに、肩甲骨を寄せるように使うのがコツです。腕の力で引かないようにしましょう。

無理のない重さで、10~15回を2セット行うのが目安です。

ラットプルダウンで鋭いダウンスイングを身につける!

ラットプルダウンで鋭いダウンスイングを身につける!

後背筋を鍛えるラットプルダウンです。プロゴルファーの姿勢がいいのは後背筋が発達しているからなんです。

ゴルフのアドレスのような前傾を意識して、体に引きつけるように手を体の後ろに降ろします。

上げるときも急に力を抜かず、ゆっくりと上げていきます。

これも無理のない重さで10~15回を2セットが目安です。

ダウンスイングでクラブを降ろすスピードが速くなるだけでなく、背中を鍛えることでスタミナがつき、上がり3ホールでバテなくなりますよ。

チェストプレスで体の浮き上がりを防ぐ!

チェストプレスで体の浮き上がりを防ぐ!

チェストプレスで胸を鍛えると、インパクトで体が浮き上がるのを防ぎ、分厚いインパクトが実現できるようになります。

また、わき腹の神経も刺激されることで、トップオブスイングも深くなります。

腕の水平を維持しながら行うのがコツです。

10~15回を2セットが目安です。

腹筋を鍛えると、アプローチ、パッティングが安定する!

腹筋を鍛えると、アプローチ、パッティングが安定する!

アブドミナルクランチで腹筋も鍛えましょう。

ショートパットやアプローチなど、小さい動きほど腹筋がダレやすくなります。

腹筋を鍛えることで、アプローチやパットで体幹を使うことができるので、アドレスが安定します。

また、ヘッドアップの防止にも効果があります。

お腹をへこませながら、おへそをのぞき込むようにゆっくり行うのがコツです。

無理のない重さで、8~10回を2セットが目安です。

レッグプレスでどっしりとしたアドレスを手に入れる!

レッグプレスでどっしりとしたアドレスを手に入れる!

レッグプレスでは、前太ももとお尻を鍛えます。

下半身が安定することで重心を落としたアドレスが実現し、振っても体がブレないスイングができるようになります。

まずは自分の体重と同じ重さから始めましょう。

足幅は肩幅よりちょっと広いくらいに設定し、足裏全体に荷重を掛け、伸ばすときも曲げるときもゆっくり行います。

膝を伸ばしきらないように注意しましょう。

10~15回を2セットが目安です。

飛距離アップに効く腹斜筋をキメる!

飛距離アップに効く腹斜筋をキメる!

最後にオススメするのが腹斜筋を鍛えるロータリートルソーです。

飛距離アップを目指す人にぜひ取り入れてもらいたいメニューです。

肩・上半身は正面を維持したまま、腰から下だけをしっかりとねじるようにするのがポイントです。

猫背にならないように、上体を起こして行いましょう。

わき腹をつぶすように、ねじりきった状態をキープしながら、ゆっくりとねじるようにしましょう。

腹斜筋は、意外と左右差が大きい人が多いです。弱いほうを重点的に行って、左右均等に近づけるようにしましょう。

10~15回を2セットが目安です。

どれだけ使っても月会費が2700円!

どれだけ使っても月会費が2700円!

「月払い会費だと高い」「都度払いだとたくさん通えない」etc……。

いままでのジムにはそんな不満があったのではないでしょうか。

しかし、『スポーツクラブ アクトスWill_G』なら、毎月たったの2700円(税別)で、上記のトレーニング器具を初めとする最新の器具が使い放題!(※鈴鹿店を除く)

毎日来て違う部位を鍛える、なんてこともできるわけです。

さあ、あなたもお近くの『スポーツクラブ アクトスWill_G』を見つけて、ゴルフ上達トレーニングをしてみませんか?

登録手数料5000円が無料に! キャンペーン実施中です!

今なら「春のビギナー応援キャンペーン」開催中! 登録手数料5000円がなんと無料になるという太っ腹ぶり!

この機会にぜひご入会ください!

トレーニング中は水分補給も忘れずにね!

トレーニングメニュー作成協力:今田駿作

※「スポーツクラブ アクトスWill_G」にて月会費2700円(税抜)でのご案内をしております(アクトスWill_G鈴鹿店は除く)。

その他、総合型スポーツクラブの店舗につきましては、「スポーツクラブ アクトス」のWebサイトをご覧いただくか、店舗に直接お問い合わせいただくようお願いします。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ボールを打たずに上達する!ゴルフが上手くなるジム活用法!【PR】

カートに追加されました。


×