あなたはどっち?『利き目』を知ってスコアアップ!
ゴルフ初心者

あなたはどっち?『利き目』を知ってスコアアップ!

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか!

こんにちは、ライターのもーりーです。

突然ですがあなたの『利き目』は右目ですか? それとも左目ですか?

スポーツ全般、特にゴルフでは『利き目』は非常に重要なポイントになります。

『利き目』を知っているだけで、今よりスコアアップできるかもしれませんよ。

まずは『利き目』がどちらなのかを知っておこう

皆さんは『利き手(腕)』や『利き足』を尋ねられたら、自分が右利きなのか左利きなのかを即座に答えられると思います。

実は目にも『利き目』というのがありまして、日常で何気なく見えている景色も、基本は『利き目』でとらえていて、もう片方の目はあくまでも『利き目』を補う役目なのだそうです。

『利き目』の判別方法は以下のようになります。

親指と人差し指で○を作り、○の中に何か目印となる物が収まるように合わせます。

○の中の目印を見たまま右目を閉じます。次に左目を閉じます。

右目と左目を交互に閉じる過程で目印がズレてしまった目があったはずです。

目印のズレがより少なかった方の目が『利き目』となります。

ちなみに日本人の場合は利き手と同様で『右利き目』の割合が7割以上だと言われています。

ゴルフでは『左利き目』のほうが何かと有利

というこで日本人ゴルファーは『利き手』、『利き目』ともに右の人が7割以上と大多数なわけです。

ただ残念なことにゴルフでは右打ちの場合は『利き目』が左のほうが有利な場合が多いのです。

ゴルフは右打ちの場合、ボールは基本的に中央より左寄りにセットすることが多いです。

それにバックスイングでは右側に体を捻転させていきますよね。

その際『左利き目』なら遮るものがないので、バックスイングでもボールを見続けることができ捻転が楽に行えます。

また、トップスイングからダウンスイングにかけてもボールを横から見続けられるため、インサイドからクラブを下ろしやすくなります。

いっぽう元々ボールを遠くに感じやすい『右利き目』の人は、バックスイングで捻転しようとするとボールが視界から外れやすくなります。

このため上半身の捻転量が少なくなりがちです。

またアドレスの時から体が開きやすく、捻転が少ないバックスイングからダウンスイングで上半身ごと開いてしまうアウトサイドイン軌道に陥りやすくなります。

パッティングに関しても、アッパー気味のインパクトでボールに順回転させるのに左よりにボールをセットさせるのがセオリーですが、この場合も『左利き目』のほうが圧倒的に真っ直ぐにセットしやすいです。

『利き目』をつむってのセットアップやスイング練習が効果的です!

ちなみに私は先天的な左利きが影響しているのか、有利とされる『左利き目』です(小さい頃に矯正したので利き手は右です)。

ただ『左利き目』にも欠点はあるわけで、私の場合は過度なオーバースイングと右側へのスエーという、肩の回りやすい『左利き目』の代表的なミスのオンパレードです。

ボールを右寄りセットするアプローチが苦手なのも『左利き目』が影響しているような気がします。

『利き目』は手や足と違い、矯正するのが難しいと言われています。

ですので生まれつきの『利き目』の特徴を理解して、うまく付き合うほかありません。

とはいえ、『利き目』とその弱点がわかっているかいないかでは大違い。

今まで苦手にしていたことも『利き目』の影響かもしれませんよ。

『利き目』を正しく理解してスイングしただけでスコアがかなりよくなった、という話もありますしね。

最後に『右利き目』の人は、あえて利き目の右目をつむってセットアップやスイングを行う練習などが効果的と言われています。

左目のみで真っ直ぐにセットアップした後で両目(右目)で見ると、最初には少し傾いているように見えて違和感があるかもしれません。

ただ両目で見ているほうがむしろ錯覚なのです。

“錯覚”による違和感を感じないようにするには、左目のセットアップを繰り返して“慣れる”しかありません。

興味があればぜひお試しください。

それでは、また!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

あなたはどっち?『利き目』を知ってスコアアップ!

カートに追加されました。


×