【新ペリア】「グロス」「ネット」っていったい何?【ハンディキャップ】

お気に入り
コンペに参加すると他にも聞きなれない言葉が!

『グロス』と『ネット』。

なんとなく順位の発表で使われていますが一体何を意味する言葉なのでしょうか?

グロス=18ホールの打数

グロス=18ホールの打数

getty

グロスとはスコアの総数のことを言います(アウトとインのスコアを足した数)。

例えば、

アウト:45
イン:50

だとすると、グロスは95となります。

コンペでは、ベストグロス(ベスグロ)賞がありますが、それはそのコンペの中で1番スコアの良かった人に贈る賞になります。

ネット=グロス-ハンディキャップ

ネット=グロス-ハンディキャップ

getty

ネットとはグロスのスコアからハンディキャップを引いた数を指します。

ゴルフ場の月例会ではゴルフ場から付与されているハンディキャップ、仲間内とのコンペでは新ぺリアにより各自にハンディキャップが与えられます。

実打数のグロスから与えられたハンディキャップを引いたものがネットとなり、コンペの順位はネットで争われることになります。

ちなみに新ぺリアとは?

会社の集まりなどのゴルフコンペでは、公式ハンディを取得していない人も多いので、その日にハンディキャップを決め、ネットスコアで競えるように新ぺリアが採用されるケースが多くなっています。

新ぺリア方式におけるハンディキャップ算出方法は以下の通りです。

【(隠しホールの合計スコア×1.5-72)×0.8】

そして、隠しホールを12ホール設定します(前後半で6ホールずつ)。

初心者でもたくさんハンディをもらえるため上位に食い込むことができるので大勢で楽しむことができます。

詳しくは、以下の記事に記載してありますので、気になる方はご覧ください。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >