初心者必読!ペリア方式を理解してゴルフコンペを楽しもう

お気に入り
ゴルフコンペを行う時に「ペリア方式で行います」や「新ペリア方式で行います」と案内に書かれていたけど、ペリアって何なのかわからずに困っている初心者ゴルファーさんいませんか?

ここでは、ゴルフコンペにおけるペリアについてわかりやすく説明しますので、コンペで恥ずかしい思いをしないで済むように事前に予習をしておきましょう。

ペリアはゴルフコンペのためのハンディキャップ

ペリアはゴルフコンペのためのハンディキャップ
ゴルフには技術がある人もない人も競い合うことができるようにと、ハンディキャップというものが存在します。

ハンディキャップの存在によって、すべてのゴルファーに勝つチャンスが生まれるのです。

ところが日本では公式のハンディキャップを持っていないゴルファーが多く、コンペをする時にハンディキャップ基準では公平さを保てないため、「ペリア方式」というその日限りのハンディキャップを設定し、初心者であっても優勝のチャンスがあるように調整する場合がほとんどとなっています。

ペリア方式のハンディキャップの計算方法

ペリア方式のハンディキャップの計算方法
ペリア方式のハンディキャップは、その日のコンペで使用するコースのうち6ホールの隠しホールを用意して、その隠しホールのそれぞれのスコアからハンディキャップを計算します。

このハンディキャップが味方すれば初心者でも上位争いに加わることができるのです。

ペリア方式ハンディキャップの計算式「(隠しホールの合計スコア×3-72)×0.8」

隠しホールの合計スコアが32で、ハンディキャップなしのスコア(グロススコア)が98だった場合は、ハンディキャップは19.2になり、ハンディキャップありのスコア(ネットスコア)は98-19.2=78.8ということになります。

ペリア方式から運の要素を減らした新ペリア方式

ペリア方式から運の要素を減らした新ペリア方式

getty

ペリア方式は確かに公平にコンペを楽しめますが、全体的にはスコアがいいのに、たまたまその隠しホールでミスを連発した人のハンディキャップが大きくなってしまうため、「運要素が大き過ぎる」ということで、運要素を減らした新ペリア方式が採用されることが増えてきました。

新ペリア方式では隠しホールを12ホール設定します。このため新ペリア方式はダブルペリア方式とも呼ばれています。

どちらも同じ意味なので初心者のゴルファーさんは混乱しないように気を付けてください。

新ペリア方式ハンディキャップの計算式は「(隠しホールの合計スコア×1.5-72)×0.8」となります。

難しいことがわからなくても大丈夫!

難しいことがわからなくても大丈夫!
ペリア方式も新ペリア方式も「そういうものがあるんだな」くらいに考えておけばOKです。

計算そのものは幹事さんがしてくれますので、初心者は純粋にゴルフを楽しみましょう。

スコアは平凡なのに思わぬ上位に入ったとしたら、それがペリア方式によるハンディキャップの結果だと知っているだけで十分です。

ハンディキャップによって入賞してもうれしくないかもしれませんが、それは次回のコンペまでに腕を磨いて、納得のスコアを出せるようにしっかり練習しましょう。

初心者はまずペリア方式や新ペリア方式がどういうものなのかを予習して、あとは気持ち良くラウンドするだけで十分です。

コンペによっては新新ペリア方式などの採用もありますので、わからない時はどんどん先輩ゴルファーに確認してください。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >