タイでゴルフはプーケットで!海外ゴルフ旅行のススメ
ライフスタイル

タイでゴルフはプーケットで!海外ゴルフ旅行のススメ

0

日本が冬の今がまさにベストシーズンのタイ。

中でもプーケットは、エメラルドグリーンの海と、白い砂浜の美しさから『アンダマンの真珠』といわれています。

さまざまなビーチアクティビティが楽しめますが、世界に誇るゴルフ場もあるんです!

今回はタイのスーパーリゾート、プーケットのゴルフ事情を紹介します!

プーケットのゴルフ場はどこにあるの?

プーケットは、タイの首都バンコクの南西部にある島です。

残念ながら日本からの直行便は今ありませんが、バンコクからは飛行機で80分足らず。

香港などアジアの他の都市を経由して乗り入れることも可能です。

ビーチリゾートとして世界的に有名な観光地ですが、本格的なゴルフコースも8つあります。

ゴルフ場があるエリアは、空港近くの島の北側と、島の中心でホテルが集まっているパトンビーチの近くですが、南北に100キロ、東西に40キロの大きさの島なので、どこに泊まってもアクセスは可能でしょう。

赤い山の独特な景観のゴルフ場!

プーケットでオススメのゴルフ場、まずは個人的にベストの「レッドマウンテン」!

パトンビーチから東へ、車でわずか15分ほどの場所にあります。

キレイなクラブハウスから見渡せる赤い山の光景は、日本でなかなかお目にかかれない景色で圧巻!

スズ鉱山の跡地に造られたそうで、高低差があり、熱帯雨林にセパレートされたレイアウトは上級者向けといえるでしょう。

2015年には英国のメディアでタイのゴルフ場で第4位に選ばれています。

隣接には、比較的平坦でウォーターハザードが特徴的な「ロックパーム」がありますので、ぜひ一緒に回ってしまいましょう!

タイガーも優勝した日本人設計のコース!

もう一つ、甲乙つけがたいのが島の北側、空港近くの「ブルーキャニオン」。

「レイク」と「キャニオン」の2コースあり、両方とも素晴らしいコースです。

谷や湿地帯、池などのナチュラルハザードをうまくつかっていて、景色も見事に自然と調和。

そのバランスの良さがどこか日本のコースを思い起こさせますが、それもそのはず!

設計は「サザンリンクス(沖縄)」を設計した加藤嘉一さんです。

キャニオンコースでは、欧州男子のジョニーウォーカークラシックが開催されたこともあり、1998年にはタイガー・ウッズが優勝してます。

コースにはホテルもあるので、宿泊プレーも楽しめますよ!

プーケットゴルフの楽しみ方は?

プーケットの良さは、そのコンパクトな中にすべてが詰まっているところ!

上記以外にもジャック・ニクラウス設計の「ミッションヒルズ」をはじめ素晴らしいゴルフ場があります。

プレーフィーは1.5万円を超えるコースもあり決して安くはないですが、質が高いのできっと満足できるでしょう。

島の中心に泊まって、ゴルフコースまで送迎をつけて、2ラウンドをプレーしても、明るい夕方のうちにホテルに戻ってこれます。

そのまま街へくり出しマッサージ、買い物、夕食や飲みもゆっくり楽しめる。

ゴルフをしない日は、観光、ビーチでまったり、他の島へのクルージング(一番上の写真「ピピ島」)なども可能。

世界中から人気のスーパーリゾート「プーケット」は、欲張りにゴルフ以外も満喫できてオススメです!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

タイでゴルフはプーケットで!海外ゴルフ旅行のススメ

カートに追加されました。


×