フェアウェイウッドの基本の打ち方をおさらいしてみましょう!
ゴルフスイング

フェアウェイウッドの基本の打ち方をおさらいしてみましょう!

0

フェアウェイウッドの苦手意識を持っている人は意外と多いようですが、コツさえつかめば比較的簡単にショットができるはずです。

ここではフェアウェイウッドでミスをしがちな原因と解決方法や、フェアウェイウッドの選び方や種類について解説をしていきます。

フェアウェイウッドの打ち方

まずは、フェアウェイウッドの打ち方について解説をしていきます。

スタンスの幅は肩幅、もしくは肩幅より少し開く程度です。

グリップの場所ですが、左足の付け根の前で持ちます。

ボールの位置は、左足かかと線上よりもボール1、2個分右に置きます。

スイングの際に気を付けるポイントですが、ボールを上げたいからといってすくってしまうような打ち方はよくありません。

解決方法としましては、クラブヘッドのソール(底)を滑らせるようなイメージで振ることです。

持ち上げようという意識があるとミスをしやすいので、その点はしっかりと注意しておきましょう。

簡単にコツを掴めるので、何度も繰り返して練習しましょう。

フェアウェイウッドのスイングのポイント

ここだけは覚えてほしいスイングのポイントですが、インサイドアウトでスイングするとフェアウェイウッドはいいボールは打てません。

解決方法としましてはなるべく真っ直ぐ引いて、左に振り抜く事を心がけましょう。

簡単なイメージはボールを上げようとしない事です。

一度、素振りでしっかりと左に回りっきたフォームをイメージして、その形に向かって振り向くという事が大事です。

ソールを滑らせるようにしっかりと左に振り抜いていきましょう。

フェアウェイウッドでミスを防ぐ対策

フェアウェイウッドでありがちなミスとしては、ボールの手前を打ってしまう(ダフる)事です。

原因は、ボールを上げたくて、右に体重が残ったまますくい打ってしまっている事が考えられます。

身体の重心が右に残ったまま打ってしまうと、クラブがボールに届かなくなり、ボールの手前で地面を打つという事になります。

解決方法としては、インパクトの時に10割の体重(つまり全体重)が左に乗っているようなイメージを持つことです。

インパクトの形をつくってイメージしてみましょう。

そして、フィニッシュは左足1本で立っていられると良いですね。

フェアウェイウッドの選び方

フェアウェイウッドは、クラブの選び方もとても重要です。

いいショットをするには、自分にあったクラブを選ぶ必要があります。

基本的には、ドライバーよりも少し重めのシャフトを選ぶといいでしょう。

ドライバーよりも軽いクラブは、選ばないように気を付けて下さい。

また、フェアウェイウッドには大きく分けてシャローフェースとディープフェースがあります。

それぞれの特徴を簡単に解説すると、シャローフェースは芝の上からボールが上げやすく、ディープフェースはティーショットで力を発揮してくれます。


コツを掴むまで何度も練習をしてみてください。

最初のうちは、低めのティーアップで練習すると効果的です。

自信を持って打てるようになれば、長いコースでも攻めていけますからね。

頑張ってください!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

フェアウェイウッドの基本の打ち方をおさらいしてみましょう!

カートに追加されました。


×