結果にとらわれる思考がミスを生む。スイングに集中しよう。
ゴルフスイング

結果にとらわれる思考がミスを生む。スイングに集中しよう。

0

皆さん、こんな経験をしたことが一度や二度はあると思います。

スコアを気にしたとたんに崩れる。池やバンカーを見たら入れてしまう。

これらのミスは、ショットをする前に、思考が良いスイングをすることから、結果を気にした思考に変わってしまうから起こる現象です。

そんな時の対処法をお伝えします。

良いスイングに集中する

調子が良いときは、スイングに集中して周りが(人、ハザード、OBなど)気になっていないはずです。

あれ? 今どうして良いショットが打てたんだろう??

そんな時ほどスイングに集中していて、練習どおりの自分のスイングができた証拠です。

スイングイメージを持てない方は、レッスン受講をオススメします。

結果について

コース上では、良いショットも、悪いショットも、結果の原因を探る必要はありません。

練習場で練習してきた事のみを考えて実行するのみです。

良いショットに浸りすぎても、悪いショットに落ち込んでも意味がありません。

常に次のショットに集中してスイングを行っていきましょう。

※ハンデ5以下の人のみ、自分のスイングをコース内で修正することを考えても良いと思います。

それ以外の人は、深みにはまるだけなので、ラウンド中にスイングの修正に手をつけるのは避けましょう。

最終的な思考

結果を恐れず、ただ機械的にスイングするのみです。

頭で考えるのは、風、距離、どこに打つかを決めて、クラブを選択するまでです。

アドレスしたら、結果のことを1ミリも意識をせずにスイングしていきましょう。

結果を気にしてしまうのが人間ですが、スイングに集中し続けることにより、周りにも、誰にも左右されないショットが打てるようになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

結果にとらわれる思考がミスを生む。スイングに集中しよう。

カートに追加されました。


×