【ゴルフ雑学】意外と知らない『OUT』・『IN』の意味

getty

ゴルフコース・練習場

【ゴルフ雑学】意外と知らない『OUT』・『IN』の意味

0

ゴルフを予約する時、アウト(OUT)コーススタートとイン(IN)コーススタートを選べるようになっていますよね。

1番から9番までを『アウト』、10番から18番までを『イン』。

最近までコースの前半と後半をアウト・インで表現する意味が分かりませんでしたが、そこには歴とした意味があるようです。

OUTとINにはどんな意味が?

OUTとINは、以下の略なんです。

OUT=Going OUT
IN=Coming IN

写真はゴルフの聖地セントアンドリュースの18番ホールです。

クラブハウスを出てすぐに1番ホールがあり、9ホールかけてゴルフ場の端っこへ行きます。

10番から18番にかけてクラブハウスに戻ってくるように設計されています。

クラブハウスを出ていく前半=Going OUT

クラブハウスに向かって戻っていく後半=Coming IN 

という意味から、前半9ホールをOUT、後半9ホールをINと呼ぶようになりました。

外国ではスループレーが基本

日本の場合は、9番と18番が終わった段階でクラブハウスに戻ってくるので、『Going OUT』と『Coming IN』を実感する機会が少ないと思います。

しかし、日本を除くほとんどの国ではスループレーが基本です。

※日本も北海道など一部の地域ではスループレーが基本です。

日本のゴルフ場の場合は、バブル期に社交目的で造られたゴルフ場が多いため、前半と後半の間に昼食休憩を挟むコースが大半です。

また、ゴルフ場の営業面でも全組を1番からスタートさせるよりも、OUTとINの2方向に分けてスタートさせたほうが、たくさんの組数を1日に入れることができます。

だから日本のゴルフ場は、OUTスタートとINスタートに分かれるようになったんですね!

ただ、日本にもスループレー主体で営業しているゴルフ場があります。

以下にて数コースご紹介します。

ワンウェイゴルフクラブ

その名の通り! ワンウェイスルータイプのゴルフ場です。

季節やスタート時間にかかわらず、1番を出たら18番を終えるまでクラブハウスには戻ってきません。

住所:茨城県土浦市沖宿町3476
最寄高速道路:常磐自動車道土浦北

KOSHIGAYA GOLF CLUB

こちらもワンウェイスルーが基本の運営です。

BBQができるゴルフ場というので有名ですね!

(併設されている「Outdoor Sports Park」にて)

フェアウェイにカート乗り入れ可能というのも魅力です。


KOSHIGAYA GOLF CLUB(旧 越谷ゴルフ倶楽部)
埼玉県吉川市吉屋525
(最寄高速道路)首都高速道路三郷

東京クラシック

こちらは、自分がメンバーになるか、知り合いにメンバーさんがいないとプレーすることはできませんが、ワンウェイスループレーでの営業です。

※秋・冬など日没が早い時期はOUT・INスタートのツーウェイ方式にすることもあるみたいです。


住所:千葉県千葉市若葉区和泉町365
最寄高速道路:千葉東金道路中野

個人的には、お昼の休憩で料理とビールを楽しみたいので、スループレーは好みではありませんが……。

競技志向の方や、純粋にゴルフだけを楽しみたい方にはお勧めです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【ゴルフ雑学】意外と知らない『OUT』・『IN』の意味

カートに追加されました。


×