コレだけでOK!バンカー脱出に必要なたった一つの特効薬!
ゴルフ初心者

コレだけでOK!バンカー脱出に必要なたった一つの特効薬!

2

皆さんはバンカーショット得意ですか?

私はとっても苦手でした。

でも! ある方法を実践しただけでバンカー脱出がとても簡単に!

実際にバンカーが苦手な知人にも同様の方法を伝授したところ、いとも簡単に脱出できるようになりました!

今回は、バンカーショットがうまくいかない原因とその原因を払しょくする特効薬をお伝えしようと思います。

バンカーが苦手だった日々……

私は、バンカーが苦手でした。

それも超がつくほど苦手。

100切り目前の最終ホールでバンカーから7打出られず、最終ホールで13打。

あのときの悔しさは今でも忘れません。

この特効薬を思いつくまで、バンカーの多いゴルフ場に行くのが億劫で、グリーン周りのバンカーを極力避けたセカンドショットをしていたので、なかなかパーオンが難しくスコアも伸びませんでした。

この方法を実践してからは、バンカーを恐れることがなくグリーンを狙っていけるので、スコアも順調に伸びてきています。

バンカーから脱出できない原因は?

バンカーショット=わざとダフる、砂を爆発させる・・・。

などなどレッスン本を見ても抽象的な説明ばかりでいまいちわかりません。

バンカーショットが脱出できない原因として、『ダフりすぎ』が上げられます。

ボールの手前を打ちすぎなんです。

わざとダフるということを意識するあまり、ボールの手前を打ちすぎると、以下の2つの結果しか生まれません。

・クラブが砂に埋まってボールがバンカーのあごを越えない
・クラブが砂から跳ね返りボールをトップしてグリーン奥にホームラン

バンカーショットで必要なことは、低く長いフォロースルーを取ることです。

この低く長いフォロースルーを取るにはどうしたらいいかを次の段落で紹介します。

特効薬は左足重心!

特効薬は、いたって簡単。

どんなライであろうがこれだけです。

あとはいつも通りにバンカーショットをしてみてください。

アドレスからバックスイング、フォロー、フィニッシュ。

ずーっと左足に体重を乗せておくだけ!

左足:右足=8:2

ぐらいのイメージで左足に体重をかけ続けておくだけです。

※バックスイングの時や、左足上りのライの時は、右足に体重が乗りやすくなるので、我慢して左足重心をキープしてください。

左足重心をキープするとなぜバンカーショットがうまくいくのか?

大きな要因は以下の2点だと思います。

◆左足重心のまま体重移動をしないため、クラブの入射角が安定する。

◆左足重心により、低く長いフォロースルーが取れる。

よって砂を薄く取ることができ、ボールとのコンタクトがうまくいくため、楽々バンカーから脱出できるようになります。

ぜひだまされたと思って試してみてください!

アプローチにも応用可能

ちなみに、この方法は近距離のアプローチにも応用できます。

30ヤード以内のアプローチをいつもダフってしまうという方は、左足重心をキープしたままアプローチショットをやってみるとうまくボールとコンタクトできるようになりますので、ぜひ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

コレだけでOK!バンカー脱出に必要なたった一つの特効薬!

カートに追加されました。


×