100切りに向けて必要な4つのポイントはココ!

お気に入り
どーも。

kengolfです。

暑さも和らぎ、ラウンドにはいい季節になってきましたね。

今回は100切りに向けて、必要なポイント(練習、考え方)を書いてみたいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

まずはティーショットを安定させるために♪

まずはティーショットを安定させるために♪

getty

まずは、ティーショットを安定して打てるようにしましょう。

ドライバーでフルスイングしたら250ヤード飛ぶ人も、練習場で180ヤードから200ヤードを軽く振って方向性を出す練習をしてみましょう。

「ドライバーはマン振りしちゃうんだよね……」という方は、5番ウッドや3番ウッドのティーショットを安定して打てるように練習しましょう。

ティーショットが安定すると、【OB】という最初のスコアが増える要因を減らすことにつながります。

ゴルフにおいて、ティーショットの【OB】は一番もったいなく気分が落ちることですから……。

130ヤード以内がゴルフのキモ!

130ヤード以内がゴルフのキモ!

getty

練習場では、スイング作りのために軸となるクラブで練習されていると思いますが、自分が130ヤードを打てるクラブで(9番~7番のうちのどれか)、7割くらいの力感で自分の飛距離がしっかり出せるように練習しましょう♪

理由としては、スコアの7割は「130ヤード以下から打たれるショットがスコアを増やす要因にもなり、減る要因にもなる」からです。

130ヤード以内を徹底的に鍛えましょう♪

この際、一番重要なのは、「自分のリズムで振れて、力まないこと」です。

160~180ヤードを打てるクラブを探す♪

160~180ヤードを打てるクラブを探す♪

getty

130ヤードがそこそこ打てると次に、男子であれば180ヤードくらいの距離がラウンドする際の課題になってくると思います。

理由は意外と、180ヤードくらいのショートホールが多いこと、長いロングホール(パー5)だと刻むか攻めるかの分かれ道ですよね……。

ロングホールの2打目でも、180ヤード前後に自信が持てると攻め方にも自信が持てるようになります。

自分に合うフェアウェイウッドやユーティリティーを探して、得意クラブにできるように練習しましょう。

フェアウェイウッドやユーティリティーは、中古ショップのほうが探しやすく、数も多いのでおススメです。

必ず試打を忘れず、打ちやすいクラブを探してください。

やっぱりアプローチ、パターだよね。

やっぱりアプローチ、パターだよね。

getty

最後はやっぱりこれです。

アプローチ、パターの練習です。

アプローチの練習はとにかく経験を積むしかないと思います。

とにかくアプローチは距離感とイメージどおりの球が打てるかです。

打ち放題の練習場に行って、サンドウェッジ(SW)かアプローチウェッジ(AW)で15ヤード、30ヤード、50ヤードの距離をしっかり出せるように練習しましょう♪

パターはとにかく2メートルをしつこく練習です。

あるクラブメーカーの調査によると、プロゴルファーは2メートルのパットは90パーセントカップインできるそうです。

アマチュアになると途端にその確率が55パーセントに落ちるそうです。

まずはパターマットを買って、毎日パターに触れる、ボールを転がすのが大事ではないでしょうか?

皆さんも一緒にベストスコア更新を目指して、練習にはげみましょう♪

kengolfでした。
お気に入り
kengolf

ゴルフ大好きなアラフォー平凡ゴルファーです♪ なかなか上達しないゴルフですが、そこも含めて楽しんでいます♪ 好きな場所はゴルフ場、雪山、映画館♪ 宜しくお願いします!

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。