【ベストスコア更新に向けて!】ドライバーショットを練習しよう♪

お気に入り
皆さん、ナイスショットしてますか?

kengolfです。

今回はベストスコア更新に向けて必要な、安定したドライバーショットを打つための効果的な練習方法、考え方について書いてみたいと思います。

あくまで一アマチュアゴルファーの考え方ですが、参考にしてもらえたら幸いです♪

まずは練習場でミート率アップ♪

まずは練習場でミート率アップ♪

getty

ゴルフの魅力のひとつとして、ドライバーでナイスショットした時の爽快感は何とも言えないですよね。

自分のドライバーショットの飛距離をコンスタントに出すためには、速く振ることではなく、ミート率を高めることが重要です。

私の場合、ドライバーがそこそこ打てるようになるまで約1年くらいかかりました。

腕力に任せて力いっぱい振っていたんですよね……。

そこでまず練習場で練習したのは、スタンス幅を狭くして、100ヤードを目指して軽く振ることでした。

力感としては、リズムを一定にしてサンドウェッジで40~50ヤードを狙って打つ感覚です。

この練習をすると、少しずつですが、方向性が良くなっていきますよ♪

練習場でトライしてみてくださいね。

高いティーアップでショートアイアンを打つ♪

高いティーアップでショートアイアンを打つ♪

getty

ドライバーショットって力んじゃいますよね……。

まずは力まない練習方法として、ピッチングウェッジや9番アイアンで高いティーアップで打ってみましょう♪

ひとまず距離や方向はおいといて、インパクトでボールのみを打つ感覚をつかんでくださいね♪

足、腰、肩、カラダ全体を総動員して振る感覚を持って打つと、ゆったりしたリズムで打てるようになりますよ。

この際のキーポイントはインパクトの時にゴムティーを打った音や感覚ではなく、ボールだけを打つ感覚が得られると良いです。

ある程度、力感が揃ってきたらドライバーも同じ感覚で打ってみましょう♪

きっとスイングの力感が変わっているのが体感できると思います。

力まず振ることに慣れてきたら……

力まず振ることに慣れてきたら……

getty

慣れてきたら、あえてアドレスを変えてみたり、スタンス幅を変えてみたり、グリップの握り方を変えてみたり、左に打ってみたり、右に打ってみたり、スライスを打ってみたり、フックを打ってみたりしてみましょう。

その中で自分のスイングでどの方向に打つ球が打ちやすいかを体感しましょう♪

例えば、

「ボールを左足寄りにして打ったら左に行きやすい」

「スタンスを狭くしたらカラダが回転しやすかった」

「低いティーアップで打ったら低い弾道で意外と距離が出た」

とか、そんな自分のスイングを知る機会を作ることで、カラダとアタマのスイングに対するノウハウを自分なりに蓄積していくと面白いですしタメになりますよ♪

その“引き出し”を作っておくと、コースで少しショットがおかしくなった時に、元に戻りやすくなるんですよね。

よかったらゴルフ練習の参考にしてみてくださいね♪

kengolfでした。
お気に入り
kengolf

ゴルフ大好きなアラフォー平凡ゴルファーです♪ なかなか上達しないゴルフですが、そこも含めて楽しんでいます♪ 好きな場所はゴルフ場、雪山、映画館♪ 宜しくお願いします!

このライターについてもっと見る >
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101

カートに追加されました。