イレクターパイプを使ってゴルフネットを自作してみた!

getty

ライフスタイル

イレクターパイプを使ってゴルフネットを自作してみた!

0

こんにちは、ライターのとやです!

我が家に設置されていたゴルフネットなんですが、インターネットサイトで5,000円程度で購入したものだったんです。

それが老朽化&使い込みすぎにより壊れてしまいました。

せっかくなんでゴルフネットは欲しいんですが、丈夫なものだとどれも4万~5万円程。

ちょっと手が出ないよなー、なんて思ってたんです。

そしてふらりと立ち寄ったホームセンターで「イレクターパイプ」なるものを発見。

これを使ってゴルフネットを自作してみようということに。

どうぞご覧ください!

そもそもイレクターパイプって何?

イレクターパイプというのは、パイプが規定の長さに切られており、それを数あるジョイントの中から、用途に合わせて何かを自作するというような品物。

強度さえ許せばどんなことに使っても大丈夫なようで、作品例なんかではラックだったり、タイヤを収納するものだったり、大きなものではパーゴラ(ぶどうの木がなっていたり、藤棚だったり)なんかまで揃っていました。

ゴルフネットの場合、ただの筐体で大丈夫なので作るのも簡単。

それにこちらのイレクターはスチール製なので強度も問題なし。

いざ!必要数を購入して、自作スタートです!


イレクターパイプの製品や説明はこちら↓

ゴルフネット制作に購入した、金額と品物

ゴルフネット制作に購入した、金額と品物

まずは購入した品物と値段を見てみましょう。

有節ゴルフネット 2メートル幅×10メートル 9,530円
イレクターパイプ 2メートル 7本 4,655円
イレクターパイプ 1.5メートル 4本 2,012円
イレクターパイプジョイント 三方エルボー 6個 960円
イレクターパイプジョイント エルボー 2個 206円
ポリエチレンロープ 3ミリメートル(200メートル巻) 960円

以上、しめて 18,323円!

ここに消費税8%を足して 19,788円となりました。

家の裏庭の空きスペースに設置する予定で、やや小さめのサイズにしました。

縦2メートル、横2メートル、奥行き1.5メートルというサイズです。

いよいよ組み立て開始!

いよいよ組み立て開始!

いよいよラッピングをはがして、作業開始です。

作業といっても、エルボーにパイプを差し込んでいくだけ、という非常に簡単なものなので、女性や子供でも、スイスイ作業が進んでいきます。

こういう物珍しいことって、子供は大好き。

率先してやってくれるので、パパは撮影に没頭です(笑)。

高いところは手が届かないので、コロコロと転がしながら向きを変えて組み立てていきます。

順番に組み立てていけば枠組みの完成!

なんとここまでの所要時間10分。

めちゃめちゃ簡単です。

イレクターパイプの長さ(縦×横)が2メートルで、ネットの幅も2メートルなので、けっこうカツカツなんですが、ここは用意した設計図を見ながら、慎重にどのように取り付けていくか協議中。

結局、左右と奥、天井の4方向のみではネットが破れたときに突き抜けてしまうので、真ん中にもう1枚ネットを垂らしておくことに決定しました。

まず外側の4面にネットを張っていきます。

ここからがネットの取り付け

ここからがネットの取り付け

真剣に設計図を見ながら、方向やネットを切断する場所の指示が出てきます・・・。

パイプの組み立てはすぐに終わったのですが、実はネットの取り付けにかなりの時間と労力がかかります。

何せ、ボールが飛び出してはいけないので、1目ずつしっかりとハーフヒッチ(※)でパイプに締め込んでいきます。

200メートル巻のロープを適当な長さに切って、ネットを取り付けていきます。

と言っても、ロープが長すぎると作業が進まないので、短めに切ってそれをつなぎながらネットにつけていきます。

※ハーフヒッチ……編み付けと呼ばれる結びの基本の形

ネットの取り付け作業がとんでもなく時間がかかる!

ネットの取り付け作業がとんでもなく時間がかかる!

非常に面倒で、手間がかかるネット取り付け作業ですが、コツさえつかんでしまえば力は必要ありません。

「めんどくさいー!」と言いながら、娘もがんばってロープを締め込んでいきます。

ちなみに、全面ネットの取り付けが終わったのが2時間を超えていたと思います。

あ、もちろんボクもこの作業はずっとやってましたよ、念のため・・・(笑)。

自作ゴルフネットの完成~♪

自作ゴルフネットの完成~♪

腰が痛いは、ロープで指が痛くなるは、なかなか大変な思いをしたんですが、大変な思いをしただけに完成したゴルフネットを感慨深げに見つめる親子の絵。

ちょっと今後使い込んでいくには強度に不安が残りますので、本来ならばここに補強を斜めに入れるべきです。

まぁそのようなジョイントを使わなかったので、少し細めのポールをロープで結んで強度を上げる予定でいます。

さて、こけら落としはもちろんこの人。

ナイスショットでこけら落としも決まって、大満足の自作ゴルフネットとなりました。

ゴルフネットが壊れていて練習できなかったので、喜びもひとしおですね♪

既製品を購入すれば高額ですが、自作なら半額程度で収まってしまいますので、自信のある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

イレクターパイプを使ってゴルフネットを自作してみた!

カートに追加されました。


×