正しい体重移動を知って、安定したスイングを手に入れよう

お気に入り
体を前にスエーさせない、頭の位置を変えない、こんなスイング指導を受けた経験はありませんか?

けれども、この2つの指導法を間違って解釈してしまい、正しい体重移動ができなくなってしまっている人がいます。

あなたは、正しい体重移動ができていますか?

これはどういうことなのか、早速チェックしてみましょう。

軸の安定や、視線の固定と体重移動は対極?

軸の安定や、視線の固定と体重移動は対極?

getty

軸を動かさなかったり、頭や視線を動かさないという指導と体重移動、なんだか矛盾しているように思えませんか?

「体は動かすな、体重は移動させろ」じゃ、なかなかイメージができないのも無理はありません。

実際にプロゴルファーのスイングを見ていると、頭や体の軸はブレていませんが、たしかに体重が後方から前方に動いているように見えますよね。

これは、体重移動をさせているんですが、その移動距離が短いためです。

なので頭や軸を固定する意識を持ちながらも、体重移動は積極的に使っていく、という考え方でスイングをしていきましょう。

正しい体重移動ができないと……

正しい体重移動ができないと……

getty

正しい体重移動ができないゴルファーは、どんなスイングになっているのでしょうか。

代表的なのが、体重が右足に残ったままになってしまう「明治の大砲」と呼ばれるスイングですね。

すくい打ちの原因の1つでもあり、さらにアッパー軌道が顕著に出ますので、ミスの確率も高くなってしまいます。

逆に、体重が動き過ぎる場合には、フィニッシュで突っ込んでしまったり、体が開いたりする可能性が高くなります。

こうなると、大スライスやチーピンなどボールのブレも大きくなってしまうことにも。

体重移動なんて、言葉にすると簡単なんですが、しっかりマスターして安定したスイングを手に入れましょう。

体重移動の正しいイメージはココ!

さて、ここまで体重移動について触れてきましたが、実際どうすればいいのでしょうか。

体重の移動は、実際に目で見ることができないので、自分の体で感じる必要があります。

・バックスイングで右のお尻に体重を乗せる
・切り返しからダウンスイングで左の膝に体重を乗せる

こんなイメージでスイングしてみましょう。

左の膝と表現しましたが、左股関節に体重を乗せるイメージでも大丈夫です。

この体重移動が非常に見やすいプロが、アメリカのミシェル・ウィー選手のスイング。

バックスイングの切り返しから、左の膝が割れていくのがよくわかります。

まずは素振りで、右のお尻と左の膝の体重移動を感じてみてください。

動画はミシェル・ウィー選手のスイング(音量注意)です。

正しい体重移動ができたときはフィニッシュの形に出る

正しい体重移動ができたときはフィニッシュの形に出る

getty

正しい体重移動ができたときは、フィニッシュでしっかり左足に体重が乗ります。

フィニッシュの形が決まって、左足1本で立っていられるんです。

体重移動が上手くできないときは、ふらついたり、右足に体重がかなりの割合で残ってしまったりと、フィニッシュの形が上手く取れませんからすぐにわかりますね。

「スイングが安定しない」「飛距離が出ない」「明治の大砲が治らない」こんなゴルファーの方は、ぜひ体重移動を上手に使えるようにトレーニングしてみてください。

自宅だって、簡単に練習できちゃいますよ。

右のお尻から左の膝に体重が移るのをイメージしてみましょう。

次のラウンドでは、体重移動をマスターしたカッコいいフィニッシュで仲間を驚かせちゃいましょう!
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。