【硬くて外れない】簡単!ソフトスパイクの外し方!
ゴルフウェア

【硬くて外れない】簡単!ソフトスパイクの外し方!

0

こんにちは!

ナイスシヨットしてますか?

シューズのスパイクがすり減ってきたので交換したい。

しかし、これが硬くて外れない。

そんな思いをした方も多いと思います。

今日は簡単に古くなったスパイクを外す方法を

紹介いたします。

どんなんかな?

それでは行ってみよう!

スパイクを交換したいが硬くて外れない

昔のゴルフシューズには金属のスパイクピンが付いていたのですが、現在のシューズはソフトスパイクと言われるプラスティック製のピンがついています。

長く使うと摩耗してきてグリップ力が落ちるために交換が必要となりますが、これが硬くて簡単に外れない。

無理に外そうとすると、スパイクの穴をなめて壊れてしまい余計に外れなくなる。

何とか簡単に外す方法はないものか?


ゴルフクリートチャンプ  ゴルフ ソフトスパイク鋲 スパイク・ スティンガー シューズ  交換用スパイク鋲  A-01 14個入

手順① レンチのピンを入れる穴を掃除する

ラウンドで使用しているとバンカーに入ったりしてスパイクピンの穴に砂、小石が入る事があります。

まずはこの砂、小石をきれいに取り除く事が必要です。

しっかりとレンチのピンを入れれるようにしないと穴をなめてしまい外れなくなります。

千枚通しのような針状のもので、穴に詰まった砂、小石を取り除きます。

手順② 専用レンチでピンを外す

一般的にメジャーなソフトスパイクは「CHAMP」の物ですが、ミズノや、アディダスのシューズは独自のスパイクがついている事が多く、専用のレンチが必要となることもあります。

自分のシューズについているスパイクが確認できたら、手順①で掃除した穴にレンチのピンをしっかり入れて外していきます。

ここで、簡単に外れるスパイクと硬くて外れないスパイクが出てくると思います。

硬くて外れないスパイクは無理に外そうとせずに手順③に進みます。


CHAMP(チャンプ) S-11 CHAMP S-11

手順③ 硬くて外れないスパイクの外し方

まず、外れないスパイクにお湯(水でも可)を掛けます。

シューズとスパイクの隙間にお湯が入っていくようにタップリと濡らします。

お勧めは底の浅いバットのような容器に、お湯を5ミリぐらい入れシューズの底を浸けます。


asics(アシックス) ゲルエース ツアー2 ボア ゴルフシューズ TGN913

手順④ 千枚通しや小さめのマイナスドライバーを使う

しっかりとシューズとスパイクの間をお湯で濡らす事ができたら、千枚通しや小さめのドライバーをシューズとスパイクピンの間に差し込み、軽くこねます。

ピン1個で多方向からピンをこねます。

その後レンチで外すと簡単に外れるはずです。


いかがでしたか?

スパイクピンが外れなくて困っている人は一度試してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【硬くて外れない】簡単!ソフトスパイクの外し方!

カートに追加されました。


×