アイアンの飛距離アップを、スイングとクラブから考えてみました!

お気に入り
ゴルフをやっていて、もっと飛距離を出したいと思う方は多いのではないでしょうか。

ドライバーはもちろんですが、飛距離が出て、きれいな弾道のアイアンショットにもあこがれますよね。

そこで今回は、アイアンショットの飛距離の出し方と、飛距離アップにつながるアイアンの選び方をご紹介します。

アイアンの平均飛距離はどれくらい?

アイアンの平均飛距離はどれくらい?

getty

7番アイアンの平均飛距離(キャリー)ですが、男性で140ヤード、女性で90ヤードといったところです。

ラン(転がる距離)も入れると、もう5ヤードから10ヤードくらい伸びるかもしれません。

初心者で体力が平均的な人でしたら、まずはこの1〜2割減の飛距離を目標にするのがいいでしょう。

男性で飛ばす人は150〜160ヤードくらいですが、これは、体力のある方(野球経験者とか)でないと、なかなか難しいと思いますので、あまり意識しなくていいと思います。

クラブの番手が一つ変わると、飛距離がだいたい10〜15ヤードくらい違いが出ます。

他の番手は、この7番アイアンの飛距離を目安に、大体このくらいかなと目標数値を決めていくといいでしょう。

アイアンショットで飛距離を伸ばすには(スイング編)

アイアンショットで飛距離を伸ばすには(スイング編)

getty

アイアンで飛距離を出すには、いくつかのポイントがあります。

●ハンドファーストインパクト

インパクトの時、クラブヘッドよりもグリップが飛球線方向に出るハンドファーストインパクトを目指しましょう。

そうすると、必然的にロフトを立てた状態で打つことになります。

プロゴルファーの場合、約8度、2番手立てた状態でインパクトすると言われています。

つまり、7番アイアンを5番アイアンのロフトで打っていることになります。

●ミート率を高める

要は、スイートスポット(クラブの芯)で打ちましょうということです。

女子プロゴルファーと一般アマチュア男性、ヘッドスピードは同じでも、飛距離はかなり変わってきます。

その理由のひとつがミート率。

女子プロゴルファーは、スイートスポットで打っているので、初速が速く、それが飛距離に直結します。

スイートスポットで打つためには、力任せに振ってはいけません。

身体の軸がぶれないように、スイングしましょう。

また、ハンドファーストインパクトにすることでロフトが立つと、結果としてミート率も良くなります。

●実際のコースに慣れる

傾斜や風といった、コースでしか体感できない経験を積んでください。

練習場では飛ばせても、いざコースに出ると飛距離が落ちたという話は、ゴルフではよくあることです。

アイアンショットで飛距離を伸ばすには(クラブ編)

クラブを変えることで、飛距離アップするのもひとつの方法だと思います。

距離が出るアイアンを選ぶポイントは、ストロングロフト、ヘッド形状、シャフトの3つです。

●ヘッドは、ストロングロフトと言われる、ロフト角が立ててあるものを選びましょう

●ヘッド形状は、ロフト立っている分、ボールが上がりやすい、低重心・深重心のものを選びましょう

スイートスポットも広くなりますので、ミスショットの際の飛距離のばらつきが抑えられます。

●シャフトは、体力にあった重量、硬さのものを選びましょう

オーバースペック(体力以上にクラブが重かったりシャフトが硬かったりする)のものを使っていると、確実に飛距離をロスしてしまいますし、無理に振る分ミート率も落ちてしまいます。

この3つを基本に価格やデザインを見て、自分が気に入ったクラブを購入しましょう。

試打が可能なら、必ず打って感触を確かめてください。


アイアンショットで飛距離をアップさせるコツを、スイングとクラブという2つの観点からお話してみました。

どちらも、もっと掘り下げてお話したいのですが、それはまた次の機会に。

みなさんにとって、少しでもヒントになればうれしく思います。
お気に入り
TETSU

月1エンジョイゴルファーです。 社会人になってから会社の上司にいきなりゴルフ場に連れて行かれてゴルフの面白さを知り、それ以来ゴルフ漬けの日々を送っています。 オープンコンペなどにも参加しているのでお友達作りやコンペの楽しさなんかも伝えていけたらと思っています! BESTスコア70

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。