スイングをする時、目線を意識することは重要です!

お気に入り
スイング時、目線をどうすれば良いか悩んでいませんか?

意外と疎かになりがちな目線ですが、正しいフォームを身に付けるためには重要な要素です。

なぜ、目線がスイングに影響するのか、どうやって正しい目線を身に付ければ良いのか、詳しく説明します。

ミスショットはこれが原因かも! どうして目線が影響するの?

スイングにとって、目線はとても重要です。

では、何が重要なのか、その理由をご存知でしょうか。

自分が思っていた方向にボールが飛ばない、トップ、ダフリ……などのミスショットに悩んでいる方も多いでしょう。

こうしたミスショットの原因は、スイング時に頭の位置が変わってしまい、軸がズレてしまっている場合が多いです。

頭の位置を一定に保ち、軸を安定させるために、目線はとても重要な役目を果たしています。

なぜなら、スイング中にボールを見続けることで、ボールと目の距離を一定に保ちやすくなるからです。

これによってスイングの軸が安定し、体の上下運動やスウェイを防ぐことができるようになり、大きなミスショットが減るようになります。

正しい目線の位置を覚えよう

ゴルフスイングの軸をブレないようにするために、正しい目線の位置を覚えることは大切です。

まず基本的には、ボールを見続けることが大切になるのですが、ただ見れば良いというわけではありません。

右打ちの方の場合、クラブを構えた時、左肩よりも右肩が若干下がると思いますが、目線もこれと一緒です。

右目と左目が同じようにボールを見るのではなく、目線も左目より右目が下になるように傾きます。

アドレスからインパクトまでは、この若干の斜めの線を意識すると良いでしょう。

バックスイング時にも、ボールから目線は動かさずに、アドレス時の位置をキープすることが重要です。

多少左右に動くのは良いですが、特に注意したいのが上下の動きです。

体の前傾を維持することが重要なので、目線は上下に動かさず頭の位置は固定しましょう。

目線をチェックする時は素振りがわかりやすい

正しい目線の位置を覚えたら、それを意識して練習するようにしましょう。

練習の方法ですが、素振りが向いています。

実際にボールを打つよりも素振りのほうが余計なことを考えず、正しい目線になっているかを意識しやすくなります。

クラブがない時でも、タオルや新聞紙などをクラブ代わりにして、素振りの練習をするのもおすすめです。

この時はあくまで目線を固定する練習なので、あまり他のことを意識する必要はありません。

ボールの位置にしっかりと目線を合わせて、そのまま素振りを繰り返します。

これを繰り返すことで、自然なフォームを固めることができ、頭のズレなども少なくなってくるでしょう。

いつでもどこでも簡単にできる練習なので、気がついた時にちょっとやってみるだけでも効果がありますよ!
お気に入り
ハッセー

ゴルフ歴20年ベストスコア74です。 自分への備忘録的にも練習方法等を共有していこうと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016