100切り達成の現場で学んだ、“100切りに必要なこと”

お気に入り
先週はちょっと足を伸ばして、高原のリゾートコースに行ってきました。

同伴者は100切りを目指す二人、90前後が一人、そして私の計4人です。

そこで「人生初の100切り」を達成した現場に立ち会うことができました。

今日は、100切りの現場で再認識した「100を切るための諸条件」についてお話します。

100切りはライバルがいたほうが良い

100切りはライバルがいたほうが良い

getty

今回、100切りを目指す2人にはスクラッチ対決してもらい、勝ったほうにささやかな賞品を出しました。

100切りには身近なライバルがいたほうが、目標達成への意欲が高まります。

ゴルフでは18ホールの間に何回か大きなトラブルに遭遇します。

そこでライバルに負けないように頑張れるかどうかで、100切りの成否は決まります。

今回は敗れたもう1人も、次回100切りへの意欲を新たにしてくれたことと思います。

できれば前半で貯金を作っておきたい

できれば前半で貯金を作っておきたい

getty

ゴルフのスコアは前半で50を大幅に超えてしまうと、100切りは途端に難しくなります。

経験豊富なプレーヤーであれば、前半50以上叩いても、後半盛り返すことも不可能ではありません。

ところが初心者は前半50以上叩くと「またダメか……」と意気消沈してしまうのです。

現実的には、前半で1つでも2つでも貯金を作っておくことが、心の余裕のために不可欠なのです。

100切りにはコース選びも大切

100切りにはコース選びも大切

getty

100切りのためには、距離があまり長くなく、ウォーターハザードが少ないコースがオススメです。

もしかすると、皆さんは簡単なコースで100を切っても仕方がないとお考えかもしれませんが、そんなことはありません。

100切りできない人はショットが悪いわけではなく、マネジメントの経験が乏しいだけなのです。

やさしいコースでマネジメントの経験を積めば、次第に100を切るのは当たり前になって来ます。

そうしているうちに、二度と100は叩かない、と言えるようになるのです。

皆さんもぜひ、この夏、記念すべき100切りを達成してください。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721