右肩が落ちる人注目!右肩を落とさずに振れるようになる練習法!

お気に入り
スイングの時に、ダウンスイングからインパクトで右肩が下がるクセのある人に、右肩が下がってしまう原因と、それを直すための練習法を紹介していきましょう。

どうしても右肩が下がってしまうと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

スイング時に右肩が落ちてしまうのはなぜ?

スイングで右肩が落ちてしまう原因は、大きく分けて3つあります。

1つ目の原因としては、ゴルフは左手リードで打つことが基本と言われていますが、右肩が落ちてしまっている人の多くは、右手を使って打っている人が多いことです。

右手は添えるだけでいいのですが、右利きの人が多いですから、どうしても右手でボールを打ちにいってしまいます。

右手に力が入ると、どうしても右肩が下がってしまったり、前に出てしまうミスが出てしまいます。

2つ目は、右膝が必要以上に曲がり過ぎていることが挙げられます。

スイング中、両膝の高さを揃えておくことは、ミスショットをしないためには、とても大事なポイントです。

3つ目、は頭を残し過ぎてスイングしてしまうということです。

頭を残し過ぎていると、スイング軸が右側に大きく傾いてしまいます。

そうすると、自然と右肩は大きく下がってしまうのです。

右肩を下げないための練習方法

右肩を下げないための練習方法は、2つのことを繰り返す練習がおすすめです。

1つ目は、お腹の前にボールがあると想定して、野球のバットを振るように素振りをします。

お腹の前にボールがある時には右肩を下げてスイングするのは難しいので、素振りだけなら簡単にできるでしょう。

2つ目は、その素振りをした感覚を忘れないようにしながら、ティーアップを7センチぐらいにセットして実際に打ちます。

実際に打ってみるとわかるのですが、素振りをした感覚を忘れないようにして打つと右肩が下がらないで打てるのです。

素振りを繰り返して感覚を養って、実際にその感覚で打つという練習を繰り返します。

感覚が残るようになれば、素振りをしなくても右肩を下げないで打てるようになります。

簡単に実践できる! イメージトレーニング

右肩が下がっている人は、打ち上げているイメージでスイングをしていることが多いです。

一度わざと右肩を下げた形で素振りをしてみるとわかるのですが、右肩を下げるとクラブは上の方向に向かって振られます。

このイメージがわかったら、右肩を下げないで打つイメージで素振りをします。

平行に肩を動かして、ボールをとらえるイメージです。

この2つのイメージを比べてみると、明らかなのはクラブの向かっている方向が違うということです。

簡単にできるイメージトレーニング(素振り)としては、平行に肩を動かして、ボールをとらえるイメージを何度も繰り返し想像したり素振りしたりすることです。

肩を平行に動かしているということがポイントになりますので、その点を意識的にイメージすると良いでしょう。
お気に入り
YAMA72

ゴルフ歴12年のフリーライターです。執筆ジャンルは様々で軸がないのが悩みです..... ここでは趣味のゴルフに関するあらゆることを書いていけたらと思っています!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。