初心者でもわかりやすい!ゴルフスイングが上達するふたつのポイント

お気に入り
ゴルフ初心者の方の悩みのひとつに、なかなか思った通りの方向にボールが飛んでくれないというものがあります。

この悩みを解消するためのポイントを、初心者の方にもわかりやすいように、なるべく詳しく紹介していきましょう。

まずは、ゴルフスイングの大事なポイントを考えよう!

まずは、ゴルフスイングの大事なポイントを考えよう!

getty

ゴルフスイングを身につけていく上でとても大事なポイントは、クラブがボールに当たる瞬間、いわゆるインパクトの瞬間を大事にすることです。

ほんの一瞬のことですが、このインパクトの瞬間を正しくできるスイングを身につけられれば、ボールは思っている通りに飛んでいくようになります。

初心者の方は、とにかくボールを遠くへ飛ばそうとしてしまいがちです。

それゆえにインパクトが正確にならず、真っすぐ飛んでいかなくなり、少ししか飛ばなかったりしてしまうのです。

このようなスイングでは、いくら練習を続けたところで、いつまでたっても上達していきません。

では、インパクトを正しくするためのポイントは何なのでしょうか?

もっとも重要なのはアドレス(構え)!

まずは正しいアドレス(構え)です。

ゴルフスイングのすべての基本といっても良いでしょう。

正しいアドレスができると、スイング全体の身体の動かし方が安定してきます。

そうすることで、インパクト前後のフェースの向きが安定し、狙った方向に打ち出しやすくなります。

逆に、構えが悪いと、スイング中に身体が前後左右にブレてしまいます。

当然、フェース面の向きもおかしくなり、ボールをあらぬ方向に打ち出してしまいます。

ゴルフスイングを上達させるためには、正しいアドレスを覚えることが不可欠なのです。

正しいアドレスは骨盤から前傾

正しいアドレスは、背筋を真っすぐにしたまま骨盤ごと前傾させていき、最後に膝を軽く曲げます。

そして、クラブを持った腕は真っすぐ地面に向けて下ろし、肩の真下に手が来るようにしましょう。

膝から下の部分は地面に垂直にし、お尻を下げないようにすると、見た目もきれいなアドレスになります。

ゴルフスイングは、アドレス時の背筋を中心にできた、身体の軸を中心とした回転運動です。

身体の軸を意識しながら、アドレスをしましょう。

慣れるまではなかなか難しいかもしれませんが、鏡などで自分の姿を確認しながら練習してみましょう。

真っすぐ飛ばすために、身体の軸を意識しよう!

真っすぐ飛ばすために、身体の軸を意識しよう!

getty

ボールを真っすぐ飛ばすためには、正しいアドレスによってできた身体の軸を崩さないようにスイングをしましょう。

ボールを遠くに飛ばしたいと思うと、ついつい力が入り過ぎてしまいます。

そうすると、無意識のうちに身体の軸がぶれてしまい、その結果、スイングが乱れてしまいます。

当然ながらインパクトの位置は不安定になり、ボールはおかしな方向に飛んで行くこととなります。

まずは、遠くに飛ばすことではなく、身体の軸を崩さないようにスイングをしましょう。

毎回正しいスイングを行うのは、上級者でもなかなか難しいものです。

しかし、毎回正しいアドレスをすることは、練習すれば可能です。

毎回正しいアドレスを作れたら、できた軸を崩さないようにスイングをする。

そうすることで、毎回正しいスイングをすることに近づけていけるのではないでしょうか。

地味な練習ですが、続けていくことで必ず結果が出るでしょう。

頑張ってください。
お気に入り
しんたろう

平日自由業ゴルファーです。昔は競技に出ていましたが今は、友人と楽しくラウンドすることが好きです。 こちらでは、自分の経験を元にいろいろなジャンルの記事を書いていきたいと考えています。

このライターについてもっと見る >
フォーティーン RM4 20200916-1016

カートに追加されました。