グリップの太さを変えることでスライスやフックも改善できる!?
ゴルフクラブ

グリップの太さを変えることでスライスやフックも改善できる!?

0

同じクラブでもグリップの太さによってショットの感覚や球筋に大きな影響があります。

そこでここでは自身の手の大きさに合ったグリップ選びの重要性から、太めのグリップや細めのグリップの球筋への影響について解説していきます。

飛距離や方向性で悩んでいる方はぜひとも参考にしてみてください。

自分に合ったグリップの太さを見分ける

ゴルフクラブを選ぶ際にまず気を付けておきたいポイントはグリップの太さです。

いくらいいクラブでもグリップの太さが合っていなければいいショットは打てません。

自分に合うグリップの太さはどう見分ければいいのでしょうか?

まずクラブを握った時に指が余ったり遊んだりする余裕がなく、手のひら全体がグリップに密着して巻き付くような感覚になるのがベストです。

また、グリップした際、中指と薬指が軽く親指の腹に触れるくらいが、ちょうどいい太さです(写真中央)。

頭では理解しにくい感覚ですが、実際に握ったときにシックリくるハズです。

さまざまな太さを握ってみて試してみてください。

細いグリップの球筋への影響

グリップの太さによってボールは変化していきます。

グリップが細いと、手首を使いやすく、ボールがつかまりやすくなります。

そのため、必要以上に手首が返ってしまい、ボールがフック気味になりやすいのが大きな特徴です。

ですので、いつもボールがスライス気味になってしまうと悩んでいる方の場合は、グリップが細めのクラブを使用することで解消されるかもしれません。

太いグリップの球筋への影響

太いグリップを使った場合、手首が使いにくくなるため、球がつかまりにくくなります。

しかし、手首をあまり使わないスイングで、ボールをしっかりつかまえられる人にとっては、手首の使いすぎを抑制できる太いグリップの方が相性がいいかもしれません。

とはいえ太さにも限度があります。あまりにオーバーサイズのものはヘッドを感じにくくなり、クラブのコントロールが逆に難しくなってしまいます。

手の大きさや感じ方は人それぞれで異なるので、一口に太いグリップといっても握った時の感覚で選ぶしかありません。

好みの太さのグリップに交換するのも手!

グリップの太さが太すぎず、細すぎず適正な太さのクラブであれば、飛距離も方向性も両立させられるかもしれません。

そのためには、自身の手のひらのサイズにしっかりと合ったグリップを選ぶことが大切です。

もしグリップを交換するのなら、まずは、いま使っているグリップの太さを基準にして、自分のいまの弾道やスイングのクセを考え、いまより太くしたいのか、細くしたいのか決めましょう。

そして、太さはもちろん、素材や触り心地もさまざまなグリップが発売されていますので、お気に入りのグリップを見つけて交換するといいでしょう。

太さに関しては、グリップ交換する際、下巻き(両面テープ)を重ねること調節することもできます。

一つ注意するのは、グリップの重さです。

現状より重いグリップにすると、バランスは軽く感じられ、軽くすると、重く感じられるようになります。

グリップを購入したお店で交換してもらうこともできますが、グリップ交換は自分でも意外と簡単にできます。

写真のようなグリップ交換キットも発売されています。

自分でグリップ交換したクラブにはより愛着もわきますので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。


ダイヤ(DAIYA) グリップ交換用スプレーセット

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

グリップの太さを変えることでスライスやフックも改善できる!?

カートに追加されました。


×