ゴルフが上達する方法の一つは、感情のコントロールです!

お気に入り
ゴルフの練習もしっかりして、スイングも確認して、それでもスコアが伸びなくてイライラしたことはありませんか。

ゴルフにとってはそのイライラというのが大敵なのです。

ゴルフが上達する方法のひとつとして、感情をコントロールするということがあります。

ケースバイケースで考えてみましょう。

失敗が続いてイライラが収まらない時は?

失敗が続いてイライラが収まらない時は?

getty

ゴルフをしていると、当然ですがどこかでミスショットが出てきます。それが続くとだんだんイライラしてきてしまい、スコアが散々な目に。

そんなイライラ感情をコントロールする方法のひとつは、大きく深呼吸をするということです。

イライラという感情は気持ちが高ぶっていることを意味します。

自分を落ち着かせるためにも大きく深呼吸をする、それだけで次のショットまでミスを引きずらなくて済むようになるのです。

たかが深呼吸と思うかもしれませんが、そういう人ほど一度やってみてください。

きっとショットが安定してくるはずです。

他人のプレーが気になってしまう時は?

他人のプレーが気になってしまう時は?

getty

ゴルフは一人でラウンドするスポーツではありません。

必ず誰かと同じ組になって回っています。そのため誰かのミスで自分が待たされる、なんてことはよくある光景ですよね。

そんな時、あなたはどう考えているでしょうか。

早くしろといらだってしまっていませんか。

自分の感情を相手に向けてしまった時、この時点であなたはコントロールを失い、集中は切れてしまっています。

自分のことを考えられなければ自ずと今度は自分が失敗する羽目になるのです。

そういう場面こそ、次はどういう方法でいこうかと自分のプレーをしっかり考えられる時間にしてみましょう。

やる気が失せてすねちゃった時には?

やる気が失せてすねちゃった時には?

getty

ゴルフを長年やっていると、プレー中にやる気を失くしてしまうプレーヤーをよく目にします。

大の大人がすねちゃったというケースですね。

意外に自分のプレーに納得がいかないとこうなってしまう人が多いのです。

これもまた自分の感情がコントロールできていない瞬間ですね。

自分に対する期待が高過ぎると、失望から「すねる」という態度になるのでしょう。

こういう時は無理やりにでもポジティブな発言をするという方法も有効です。

すねるという行為は自分の中に閉じこもろうとしてしまっているのですが、扉を閉めないためにもポジティブな言葉で前を向けるようにするのです。

嘘でも言ってみると意外と心がスッキリします。

自分がすねてるなと感じた時、あえて言ってみることをオススメします。

自分を客観的に見れなくなってしまった時には?

自分を客観的に見れなくなってしまった時には?

getty

最後に自分を見失ってしまったパターンです。

自分を客観的に見ることができなくなった時、自分の感情がいったいどこに向かっているのか、相手からどう思われているのかわからなくなってしまい、結果的にコントロールを失ってしまいます。

そんな時取るべき方法は、最後には必ず幸運がくると考えることです。

「禍福あざなえる縄の如し」という言葉もあるように、マイナスなことばかり続く人はいません。

必ずいつかは上る時がやってくるでしょう。

その時を考えるだけで自分を客観的に見ることができるように戻っているのです。

感情をコントロールするということは難しいと思われがちですが、意外と簡単なもの。

挙げた場面に自分が遭遇した時に思い出して実行してみてください。

必ず次のプレーに活きてきます。

いろいろな方法を覚えて上手くコントロールできる人になりましょう。
お気に入り
sakura72

美容/ゴルフ/ウェア/おしゃれ好き

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。