ラウンド中の緊張や不安が起こるシチュエーションの対処法
ライフスタイル

ラウンド中の緊張や不安が起こるシチュエーションの対処法

0

ゴルフのラウンド中は、練習場では起こることのない、独特の緊張や不安が起きてしまうシチュエーションがいくつかあります。

どんなシチュエーションで緊張や不安が起きるのか、そして、それらとどう向き合っていけば良いのでしょうか・・・。

朝一番のティショット

ラウンドで最も緊張するシチュエーションは何なのかと言ったら、やっぱりダントツの1位は朝一番のティショットではないでしょうか。

これには2つの側面があると思います。

1つは「うまく当たるかな?」「どうか曲がりませんように」「チョロしちゃいそう」など、自分の内面によるものです。

もう1つが、これは朝イチ特有の事例ですが、ティショットを見ているのは、気心知れた同組の仲間だけでなく、後ろで回る知らない人たちまでがギャラリー化していて、「みんなが見てる」「ミスしたら恥ずかしい」という外面の要素もここに加わることで、その緊張に拍車を掛けます。

この緊張や不安を全て払拭するのは難しいですが、以下のことを試してみてください。

・結果のハードルを思い切り下げる
 ⇒OBじゃなければOK、150ヤード飛べばOK、などです。

・他の組の人は、自分のことなんて知らない
 ⇒自分だって他の組の知らない人のショットなんて見ませんよね?

・やることを1つに絞る
 ⇒フィニッシュだけは決める、大きくゆっくり振る、など1つだけ決めます。

・呼吸が浅くなりがちなので、深呼吸して肩の力を抜く
 ⇒特に息を吐くことに意識を集中させましょう。

・どれも「同じ一打」だと割り切る
 ⇒300ヤードのショットも、10センチのパットも同じ重みの一打です。

朝イチのティショットは自分だけじゃなく、みんな緊張しています。

緊張していることを自覚して、その中で自分がやれることに集中して臨みましょう。

結果は後から付いてきます。

バンカー越えのアプローチ

バンカー越えのアプローチも、かなり緊張するシチュエーションです。

この場合、ある種の『決め』が必要になります。

例えば、ピンに寄せに行くのであれば、サンドウェッジのフェースを開き、ロブショットでグリーンエッジとピンの間に落とす高度なテクニックが必要になります。

これを失敗すると目の前のバンカーに入れてしまいます。

逆に、絶対にバンカーに入れたくないのであれば、ロブショットは必要なく、アプローチウェッジやピッチングウェッジで普通にグリーンに落とすように打つことです。

結果として長いパットが残ったり、グリーンの逆側に行ってもう1回アプローチをしたりすることもあります。

自分が何かをジャッジする時は、そのリスクを受容した上で決定を下しましょう。

絶対にバンカーに入れたくないと決めたのに、結果的に「あ~あ、長いパットが残っちゃったよー」と嘆くのは絶対にやらないようにしましょう。

OBがあるホールのティショット

仮に、右サイドがOBのホールの場合、皆さんは何を意識しますか?

「右サイドに打たないようにする」と答えた方は、考え方を改めた方が良いかもしれません。

人間の脳は意識をすると、そこに反応する性質を持っています。

つまり、「右側に打たない」という風にOBがある右サイドを意識してしまうと、勝手にそっちへ引き寄せられてしまうのです。

ここでやるべきは、右サイドを意識から消して、「フェアウェイに良いショットを打つ」とか、「多少ラフに行っても良いから左サイドを狙って打つ」と意識を切り替えることをおススメします。

もう1つ。脳は思ったことを実現させようとします。

ティーグラウンドに立った時、「なんかOBになりそうだな」と思った時、OBになっても良いように無くしても良いような古い・傷んだボールでティアップしていませんか?

結果、OBになった時に、「やっぱりOBか~」と心の中で呟いてしまいます。

つまり、自分の中でこうなるんじゃないかという悪い予感を、実現しようとしていることに他なりません。

絶対にOBを打たないように最善の準備をして、敢えて一番きれいなボールを使用するくらいの心構えが必要なのかもしれません。

「このショットはうまくいく」

そう思うだけで、ショットの確率はグッと上がると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ラウンド中の緊張や不安が起こるシチュエーションの対処法

カートに追加されました。


×