明日自慢したくなるゴルフの世界一についての4つの雑学
明日自慢したくなるゴルフの世界一についての4つの雑学
ライフスタイル

明日自慢したくなるゴルフの世界一についての4つの雑学

0

ゴルフには驚き拍手を送りたくなるような記録から、ついつい笑ってしまう記録まで、いくつものギネス記録や世界一の記録があります。

その中でもとくに誰かに話したくなるように、取っておきの世界一についてここでは紹介します。

雑学① 1日のホールプレーの数の世界一

雑学① 1日のホールプレーの数の世界一

1日はすべての人に等しく24時間与えられています。この24時間で何ホール回ることが出来るのか、なぜそんなことをしようと思ったのかは謎ですが、ロブ・ジェームスさんが2004年にカナダのヴィクトリアゴルフコースで行った24時間チャレンジは、なんと851ホールも回ってしまいました。

記録達成のコツは乗用カートだったそうですが、それにしても1ホールあたり2分で回っても間に合いませんから、よっぽど急いで回ったのでしょう。

ちなみに単純計算で255km移動したことになるそうです。カートってそんなにも走るものなのですね。

雑学② 1ラウンドのプレータイムの最短世界一

人間が1日に851ホール回れることはわかりました。
それでは最も早く1ラウンドを回った世界一はどれぐらいのタイムなのでしょう。

一般的なラウンドで2時間〜2時間半といったところでしょうか。この記録に挑戦したスティーブ・スコットさんは1981年に18ホールをなんと29分33秒という記録でホールアウトしています。

ここまでくると「ゴルフとは何か?」という哲学的な疑問が湧いてきそうですが、とにかく早く回ってみた結果です。

ちなみにスコアは95で、手にしたクラブはたったの2本。そしてスティーブ・スコットさんは1500mの世界選手権の銀メダリストだったそうです。

雑学③ プロゴルファーの1ラウンドの最少スコア世界一

雑学③ プロゴルファーの1ラウンドの最少スコア世界一

ギネス記録だった石川遼さんの世界最少スコア「58」が破られたのが2012年ですのでもしかしたらまだ記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

2イーグル、12バーディの16アンダーという驚異的な記録を残したのがライン・ギブソンさんです。そのスコアはなんと「55」。

そのライン・ギブソンさんは現在の賞金ランキングは200位前後ですので、本当にたまたま調子が良かっただけかもしれませんが、運と実力が整って素晴らしい記録が樹立されたのでしょう。

雑学④ 誰よりも遠くにボールを飛ばした世界一

雑学④ 誰よりも遠くにボールを飛ばした世界一

スコット・スミスさんの持つ最長距離世界記録は539ヤード。
アマチュアですと250ヤード以上飛ばすことができれば「飛ばし屋」の称号がもらえます。

トッププロでも平均の飛距離は300ヤード前後です。2014年に300ヤード以上飛ばしたPGAツアーの選手は25名しかいません。

539ヤードも飛ばせるとゴルフ観がまったく違うのでしょうね。反対に短い飛距離を出せなくて困ったりするのでしょうか?
ちなみにドラコンの優勝者はパターで300ヤード飛ばせるそうです。

世界には変わったことに挑戦したい人が大勢いて、「なぜそのチャレンジ?」と思いたくなるようなものもありますが、それも含めてゴルフの面白さですよね。
ぜひここで仕入れた知識をゴルフ仲間にも教えてあげましょう。
ラウンド中の会話が弾むこと間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

明日自慢したくなるゴルフの世界一についての4つの雑学

カートに追加されました。


×