初めてのドライバー!オススメの練習方法は?

お気に入り
かつては中高年の男性のスポーツと思われていたゴルフですが、いまや子供から女性までさまざまな人々が楽しむスポーツです。

しかし、いろいろな人たちがいざゴルフを始めたものの、苦心するのがドライバーです。

正しい練習方法でしっかりとドライバーを打てるようになってから、初めてコースデビューできるとも言われています。

ゴルフでドライバーはとっても重要

ゴルフでドライバーはとっても重要

getty

ゴルフにはたくさんの道具が必要ですが、絶対必要な道具がゴルフクラブです。

ゴルフクラブには種類や用途によって、フェアウェイウッドやユーティリティ(ハイブリッド)、アイアンなどがあり、最大14本持つことができます。

そのうち、ウッドの1番、長いホールの第1打に利用される、もっとも飛距離が出るゴルフクラブがドライバーです。

ゴルフを始めたときに一番楽しいのがこのドライバーであり、とりあえず初めてボールを打つならばドライバーを打つ人も多くいます。

できるだけ早くコースデビューするためには正しい練習方法を実践して、素早くドライバー技術を身につけることが一番着実です。

ドライバースイングの正しい身につけ方

ドライバースイングの正しい身につけ方
ドライバーはゴルフにおいてティーショットで使うことの多いクラブで、すべてのコースで使用することもあります。

そのため正しい練習方法で身につけることが、早くコースデビューするコツです。

初めてドライバーを持ってうまく打つために最も必要なことは、まず正しい握り方と構え方を身につけることです。

左手の指の付け根の山(ナックル)が自分から見たときに少し見えるように左手のグリップを握り、右手は真横からあてがうように握ります。

足幅は肩幅よりも少し広いくらいの幅で構えると安定感のあるスイングになります。

そして、手を振り回すというよりも、腰の回転で右を向いて、左を向くようなつもりで、その動きに腕とクラブがついてくるくらいのつもりで振ってみてください。

日本古来のおもちゃ“でんでん太鼓”のイメージです。

ドライバーでよくなってしまうクセ

ドライバーでよくなってしまうクセ

getty

ドライバーを練習していて陥りやすいクセやミスというものがあります。

多くの人がするミスは「スライス」で、ボールが右にカーブを描いて曲がっていってしまうことをいいます。

初めてドライバーを打つ人であっても、野球やテニスなどのバットやラケットを使うスポーツをやっていた人は特になりやすいとされています。

この「スライス」を治すための練習方法としては、体の正面よりやや左側でボールをとらえることを意識してボールを打つことを心掛けることです。

なぜなら、スイング中、体の回転に合わせてドライバーのフェースも閉じる(左を向く)方向に動いていくので、スイングの後半(体の左側)でボールを打てば打つほど、フェースが閉じていることが多いからです。

ドライバー練習の目標

ドライバー練習の目標

getty

ドライバーは他のクラブよりも長いため、初心者のうちはもっとも難しいといっても過言ではないクラブです。

いち早く正しいスイングを身につけたいところですが、ただやみくもに打ち続ければいいというわけでもありません。

初めてドライバーの練習をするならば、まず安定したスイングでボールをヒットできること、さらにはまっすぐ飛ばすことが重要です。

飛距離も初心者であれば、まず100ヤードを目標にするとよいでしょう。

最初からフルスイングするのではなく、コンパクトなスイングでミートすることを心がけてみましょう。

芯で当たるようになってきたら、徐々にスイングを大きくしていきましょう。

この目標のもと正しい練習方法を繰り返していけば、おのずと上達するはずです。
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。