スロースイングで上達を目指す!家の中でもいつでもできる練習方法

お気に入り
ゴルフの腕を上達させるためにスロースイングを習得するのは良い方法です。

そのメリットを理解して取り組んでみましょう。家の中にいてもどこにいてもいつでも気軽に練習できる魅力を秘めているのがスロースイングです。

スロースイングの特徴とは

スロースイングの特徴とは

getty

ゴルフではスイングの形を美しく整えて思っているとおりにヘッドをコントロールすることが大切になります。

初級者ほど必死に速いスイングをして飛距離を伸ばそうと考えてしまいがちですが、それが実はスコアが伸びない原因になっているかもしれません。

上級者になるとスイングがゆっくりとして安定したものになる傾向があるからです。

そのため、上達したい、スイングを良くしたいと考えたらスロースイングの練習が有効となるでしょう。

家の中でもいつでもできる練習方法もあるので取り組む価値があります。

日々の努力で少しずつ上達することができるのです。

スロースイングで実現されること

スロースイングで実現されること

getty

スロースイングを体得することによって得られるメリットは三つあります。

一つはクラブのヘッドがぶれずに一定の軌道を描くようになることです。

ヘッドを意識してゆっくりとスイングすると軌道が安定しやすくなり、クラブの重さに振り回されることもなくなるでしょう。

もう一つはスイングをするときに身体の軸がぶれなくなることです。

これも反動による影響が大きく、スロースイングをすれば体軸を意識して安定させやすくなります。

そして、最後の一つはリズムを安定させてスイングできることです。

常にゆっくりと振れることでいつも安定したショットができるようになるでしょう。

やってみると良いドリルとは

やってみると良いドリルとは

getty

スロースイングにはゴルフ練習場に行かなくても家の中でできる練習方法があります。

クラブを持たないで、クラブを持ったイメージでゆっくりとスイングをする方法です。

スロースイングの練習に利用するドリルは次の通りです。

まずアドレスの確認から始めてボールの位置をイメージします。

そして、そこにあるボールを実際に打つつもりでスイングをしてフィニッシュまでを行いましょう。

このときにできるだけゆっくりとした動作で視線や体重移動なども意識してスイングをするのがポイントです。

どこでやっても構わないドリル

どこでやっても構わないドリル

getty

スロースイングを上達させるためのドリルはいつでもできるのがメリットです。

家の中でもクラブを振り回さないので安心して取り組めるでしょう。

しかし、家の中に限ってしまう必要もありません。

人目を気にしないのならバスや電車を待っている間に行うこともできます。

ゴルフ場に行ったときに空き時間に練習することもできるでしょう。

場所も時間も選ばずにできるのはこのスロースイングの練習方法のメリットです。

繰り返し行って身につけることが重要なので隙間時間を利用して積極的に行いましょう。

でも、写真みたいに傘を振り回さないでくださいね!
お気に入り
ライドマン

バイクとゴルフを愛する40代男性です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。