スコアアップに悩んだら、コースマネジメントでレベルアップ↑

お気に入り
ゴルフを始めてある程度基本ができてくると、みるみるうちにスコアが伸びていくでしょう。

しかし、ある程度のところまでいくと、スコアが伸び悩みがちです。

そこからは技術だけでなく、コースマネジメントが必要な時なのです。

レベルアップに必要となる、コース戦略

レベルアップに必要となる、コース戦略

getty

ゴルフを続けていくには、スコアアップが大きなモチベーションとなります。

始めたばかりの頃は、どんどんスコアが伸びていき、自分でもレベルアップしている実感を持てるでしょう。

しかし、次第にスコアの伸びが止まってしまいがちです。

技術的に習得しやすい部分は身についてしまい、ラウンド経験も積んできたでしょう。

その頃になると、さらにスコアアップさせるためのハードルが、だんだん高くなってくるのです。

そこで、さらにレベルアップするのに役立つのがコースマネジメントです。

コース戦略を考えることで、技術力はそのままでも、スコアをアップさせられます。

コースマネジメントとは何か

コースマネジメントとは何か

getty

コースマネジメントとは、個々のコースに応じて適切な戦略を考えることです。

そのコースの特徴やレイアウト、当日のコンディションなどを予め調べておきます。

そして、そのコースの状態と自分の能力を比較してどのようにラウンドをすれば良いかを具体的に考えるのです。

これがコースマネジメントの基本であり、しっかりできると飛躍的にスコアアップできるかもしれません。

まずは、コースマネジメントの考え方を学びましょう。

コースマネジメントの基本原則

コースマネジメントの基本原則

getty

コースマネジメントには、基本原則があります。

ゴルフのスコアアップを実現するために、まずは大きなミスを減らすことが重要です。

なので、コースに潜むリスクを知ることが、最初に考えるべきこととなります。

たとえば、バンカーが苦手なら徹底的にバンカーを避ける(場合によっては、パー4の2打目でもグリーンに届かないクラブで刻むなど)とか、パー5の2打目で、フェアウェイウッドをナイスショットすれば池を越えるけど、ナイスショットする確率が70パーセント以下なら池越えを狙わない、などです。

それに自分の能力を合わせて考え、リスクの低い戦略を考案するのが基本です。

そのためには、自分の能力を過大評価することなく、よく理解しておくことも欠かせません。

「ドライバーでナイスショットすれば、このホールのバンカーは越えられるはずだ」→「ナイスショットしたけど越えられなかった」というような事態は避けなければなりません。

より詳細な戦略の策定

より詳細な戦略の策定

getty

コースマネジメントでスコアアップを狙うには、ミスを減らす具体的な戦略を立てることが重要です。

ティーショットではどの辺りにボールを運び、その次はどこに持っていって、最終的にはグリーンのどこに置くのかまで決めておく必要があります。

予めコースのレイアウトやコンディションがわかっていると、ボールを置くべき場所、置いてはいけない場所がわかるはずです。

極力リスクを回避するためのボール運びのあり方を、具体的に決めてプレーしましょう。

特に練習が必要なわけではなく、考え方だけでスコアアップが可能なコースマネジメント。

スコアが伸び悩んでいる人は、ぜひ取り入れてみてください。
お気に入り
keiman

ゴルフ好きなおっさんです!ミーハーゴルファーですが楽しく執筆していこうと思いますのでよろしくお願いします〜

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。